男子現場活動ブログ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

今年は安岡君が”しろあり防除施工士”検定にチャレンジします!

強調文毎年この時期から、(社)日本しろあり対策協会 主催の ”しろあり防除施工士” の検定が行われます。
まず、この時期に一次試験(学科)が行われ、合格者のみ9月に行われる二次試験(実技)へと進みます。
この検定の受検資格は高卒で実務経験が2年以上と必要です。
安岡君は実務経験は十分あったのですが、色々とタイミングが合わず本年度 晴れてチャレンジ となりました。
本人はやる気満々で 一発合格 を宣言していますが・・・・
なかなかあなどれませんよ~ かなり難易度が高く 、専門知識も要しますからね!
4月に一次試験の合格発表があります。
皆様乞うご期待を!(笑う)


【安岡です。写真をクリックすると拡大されます>】
Image036+00_convert_20100311164504  yaasu
今日から2日間、資格検定前の指定講習会です。
Image055_convert_20100311164713 aaa
初日は午後から目いっぱい、2日目は丸一日講習を受けました。
それにしても眠かった~

Image054.jpg
講習無事終了しました。
お疲れさまでした。


【感想】
安岡です。この講習会は、数ある中でも特に勉強になる会だと先輩から聞いていましたが、本当にそのとおりで
自分が、毎日のように携わっている作業の復習をしているようで改めて勉強になりました。
木材の基礎知識や薬剤の基礎知識なども、新たな知識として吸収しました。
今後の作業に早速いかそうと思います。


ブログ記事の仕切りバー

建物を解体する前のネズミ駆除はとても重要です。

今回は老朽化したビルの解体前のネズミ駆除作業のご紹介です。
都心では再開発や老朽化のために、建物の建築が頻繁に行われています。
当然ですが、もともとあった建物を壊してビルを建てたり、いくつかの小さな建物を壊して
ひとつの大きな複合ビルを建築したりします。
あまり知られていないことですが、ひとつ建物を解体した直後から、近隣にネズミの被害が広がったとか、
よく耳にしますよね。
当社でも、ゼネコン樣、解体業者様からのご依頼で、解体工事前に駆除作業を請け負っています。
ある都心での作業状況ですのでご覧下さい。


【写真をクリックすると拡大します】
RIMG0002_20100310100724.jpg
近日中に解体されるビルです。
RIMG0006_20100310102626.jpg
建物内部の状況です。
RIMG0013.jpg
室内の状況です。
RIMG0051.jpg
ネズミの通り道に殺鼠剤を帯状に散布して行きます。
RIMG0024_20100310104012.jpg
同じく通り道に捕獲シートを敷設して行きます。
RIMG0071_20100310103649.jpg
ネズミは視力が非常に弱いので隅っこを通る習性があります。
また、とても用心深いので通りなれた道しか通りません。

RIMG0169.jpg
そんなネズミの習性を利用して、こんな感じで室内の隅にくまなく
殺鼠剤を散粉します。

RIMG0195.jpg
シートも的確に敷設し捕獲準備も万端です。
RIMG0201.jpg
工事期間中は建物内へ極力人の出入りを制限し、概ね2~3週間の工期中に
毒餌の追加、捕獲シートの汚損交換等を行います。
このような一連の作業で、建物に居ついていたネズミ達を一網打尽です。


建築物の解体前のネズミ駆除に対しては、各行政それぞれの考え方や方針にバラつきがあるようです。
東京都内を例に挙げましても、ある区では条例により義務化されていたり、こちらの区では今現在は指導の
段階であったりとまちまちのようです。
ネズミや不快害虫は地域を揚げて駆除に取り組むのがベストなのでしょうが、なかなかそおはいきません。
各建築業様もこの問題に対しては、一様に頭をお抱えのようです。
解体の着工直前に、近隣から駆除要請があり対応に苦慮したとか・・・・・
このような事が無いように、解体前には若干の時間的余裕を持っていただき、是非駆除作業を
ご依頼下さい。


ブログ記事の仕切りバー

無理を聞いていただきとても感謝しています。

0114-1.jpg
0114-2.jpg


事務の田中です。
お役に立てて幸いです。 お電話を頂いたとき、本当にお困りの様子が伝わり
同じ女性としてとてもお気の毒に感じました。
年末ギリギリでしたが、あと一日遅ければお役に立てませんでした。
今後再発がなけれ良いのですが・・・・。
でも、うちのスタッフは信頼できますから、心配ないと思います。


ブログ記事の仕切りバー

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
皆さん良いお正月だったでしょうか?
海外でのんびりされた人、温泉で疲れを癒された方、故郷へ帰省されて美味しいおせち料理とお雑煮に
舌鼓を打たれた方など過ごし方は様々だったと思いますが、共通して語れるのがお年玉の事ですね。
貰う側の子供達は首をなが~くして、あげる大人はふところ寂しくと・・・・・・。
それはそれで、とにかくお正月です! 可愛いお孫さんや、甥っ子、姪っ子etc.のためにぐっと我慢しましょう。
きっと今年は良い事があります!
さて、我が社も例年通り、柴又帝釈天へ初詣へ行ってまいりました。
例年仕事初めが、7日からなので、今年は6日に参拝してきました。
この日は、まだ故郷に帰省中のスタッフや、早々と持ち受け現場へ様子を見に行ったスタッフが不参加
だったので、6名でのお参りでした。


Image065_convert_20100114162916.jpg
鈴木君は一生懸命に守護矢を選んでいます。
Image061_convert_20100114160202.jpg
偶然、フジテレビの松尾翠アナが取材に来ていて
インタビューされました。

Image003_convert_20100114160854.jpg
松尾翠アナはテレビで見るよりも、きゃしゃでとても綺麗な方でした。
とても気さくで、親近感を感じる女性でした。

Image067_convert_20100114162546.jpg
いつも食べる川千屋さんのウインドウの中には”寅さん”の似顔絵が・・・・
何度来ても、ここ柴又は風情があります。

P1000003_convert_20100114161213.jpg
山本亭の長屋門の前で記念撮影です。
Image070_convert_20100114162018.jpg
山本亭は大正末期から昭和初期に建築された和洋折衷の珍しい建物です。
大正末期に地元のカメラ部品製造会社の社長、山本さんの住宅として使用されていたものを、
葛飾区が取得し今日に至っているようです。
非常に貴重な歴史的建造物に毎回見入ってしまいます。


あっという間の年末年始休暇でしたが、
本年は、ますます意欲的に防除作業に取り組んで行きたいと思います!!
お客様、お困りの事がありましたら、どうぞ遠慮無くご相談下さいね。
きっと、良い解決策があるはずです!


ブログ記事の仕切りバー

今年は安岡君が”しろあり防除施工士”検定にチャレンジします!

強調文毎年この時期から、(社)日本しろあり対策協会 主催の ”しろあり防除施工士” の検定が行われます。
まず、この時期に一次試験(学科)が行われ、合格者のみ9月に行われる二次試験(実技)へと進みます。
この検定の受検資格は高卒で実務経験が2年以上と必要です。
安岡君は実務経験は十分あったのですが、色々とタイミングが合わず本年度 晴れてチャレンジ となりました。
本人はやる気満々で 一発合格 を宣言していますが・・・・
なかなかあなどれませんよ~ かなり難易度が高く 、専門知識も要しますからね!
4月に一次試験の合格発表があります。
皆様乞うご期待を!(笑う)


【安岡です。写真をクリックすると拡大されます>】
Image036+00_convert_20100311164504  yaasu
今日から2日間、資格検定前の指定講習会です。
Image055_convert_20100311164713 aaa
初日は午後から目いっぱい、2日目は丸一日講習を受けました。
それにしても眠かった~

Image054.jpg
講習無事終了しました。
お疲れさまでした。


【感想】
安岡です。この講習会は、数ある中でも特に勉強になる会だと先輩から聞いていましたが、本当にそのとおりで
自分が、毎日のように携わっている作業の復習をしているようで改めて勉強になりました。
木材の基礎知識や薬剤の基礎知識なども、新たな知識として吸収しました。
今後の作業に早速いかそうと思います。


ブログ記事の仕切りバー

建物を解体する前のネズミ駆除はとても重要です。

今回は老朽化したビルの解体前のネズミ駆除作業のご紹介です。
都心では再開発や老朽化のために、建物の建築が頻繁に行われています。
当然ですが、もともとあった建物を壊してビルを建てたり、いくつかの小さな建物を壊して
ひとつの大きな複合ビルを建築したりします。
あまり知られていないことですが、ひとつ建物を解体した直後から、近隣にネズミの被害が広がったとか、
よく耳にしますよね。
当社でも、ゼネコン樣、解体業者様からのご依頼で、解体工事前に駆除作業を請け負っています。
ある都心での作業状況ですのでご覧下さい。


【写真をクリックすると拡大します】
RIMG0002_20100310100724.jpg
近日中に解体されるビルです。
RIMG0006_20100310102626.jpg
建物内部の状況です。
RIMG0013.jpg
室内の状況です。
RIMG0051.jpg
ネズミの通り道に殺鼠剤を帯状に散布して行きます。
RIMG0024_20100310104012.jpg
同じく通り道に捕獲シートを敷設して行きます。
RIMG0071_20100310103649.jpg
ネズミは視力が非常に弱いので隅っこを通る習性があります。
また、とても用心深いので通りなれた道しか通りません。

RIMG0169.jpg
そんなネズミの習性を利用して、こんな感じで室内の隅にくまなく
殺鼠剤を散粉します。

RIMG0195.jpg
シートも的確に敷設し捕獲準備も万端です。
RIMG0201.jpg
工事期間中は建物内へ極力人の出入りを制限し、概ね2~3週間の工期中に
毒餌の追加、捕獲シートの汚損交換等を行います。
このような一連の作業で、建物に居ついていたネズミ達を一網打尽です。


建築物の解体前のネズミ駆除に対しては、各行政それぞれの考え方や方針にバラつきがあるようです。
東京都内を例に挙げましても、ある区では条例により義務化されていたり、こちらの区では今現在は指導の
段階であったりとまちまちのようです。
ネズミや不快害虫は地域を揚げて駆除に取り組むのがベストなのでしょうが、なかなかそおはいきません。
各建築業様もこの問題に対しては、一様に頭をお抱えのようです。
解体の着工直前に、近隣から駆除要請があり対応に苦慮したとか・・・・・
このような事が無いように、解体前には若干の時間的余裕を持っていただき、是非駆除作業を
ご依頼下さい。


ブログ記事の仕切りバー

無理を聞いていただきとても感謝しています。

0114-1.jpg
0114-2.jpg


事務の田中です。
お役に立てて幸いです。 お電話を頂いたとき、本当にお困りの様子が伝わり
同じ女性としてとてもお気の毒に感じました。
年末ギリギリでしたが、あと一日遅ければお役に立てませんでした。
今後再発がなけれ良いのですが・・・・。
でも、うちのスタッフは信頼できますから、心配ないと思います。


ブログ記事の仕切りバー

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
皆さん良いお正月だったでしょうか?
海外でのんびりされた人、温泉で疲れを癒された方、故郷へ帰省されて美味しいおせち料理とお雑煮に
舌鼓を打たれた方など過ごし方は様々だったと思いますが、共通して語れるのがお年玉の事ですね。
貰う側の子供達は首をなが~くして、あげる大人はふところ寂しくと・・・・・・。
それはそれで、とにかくお正月です! 可愛いお孫さんや、甥っ子、姪っ子etc.のためにぐっと我慢しましょう。
きっと今年は良い事があります!
さて、我が社も例年通り、柴又帝釈天へ初詣へ行ってまいりました。
例年仕事初めが、7日からなので、今年は6日に参拝してきました。
この日は、まだ故郷に帰省中のスタッフや、早々と持ち受け現場へ様子を見に行ったスタッフが不参加
だったので、6名でのお参りでした。


Image065_convert_20100114162916.jpg
鈴木君は一生懸命に守護矢を選んでいます。
Image061_convert_20100114160202.jpg
偶然、フジテレビの松尾翠アナが取材に来ていて
インタビューされました。

Image003_convert_20100114160854.jpg
松尾翠アナはテレビで見るよりも、きゃしゃでとても綺麗な方でした。
とても気さくで、親近感を感じる女性でした。

Image067_convert_20100114162546.jpg
いつも食べる川千屋さんのウインドウの中には”寅さん”の似顔絵が・・・・
何度来ても、ここ柴又は風情があります。

P1000003_convert_20100114161213.jpg
山本亭の長屋門の前で記念撮影です。
Image070_convert_20100114162018.jpg
山本亭は大正末期から昭和初期に建築された和洋折衷の珍しい建物です。
大正末期に地元のカメラ部品製造会社の社長、山本さんの住宅として使用されていたものを、
葛飾区が取得し今日に至っているようです。
非常に貴重な歴史的建造物に毎回見入ってしまいます。


あっという間の年末年始休暇でしたが、
本年は、ますます意欲的に防除作業に取り組んで行きたいと思います!!
お客様、お困りの事がありましたら、どうぞ遠慮無くご相談下さいね。
きっと、良い解決策があるはずです!