ハチ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

東京都江東区永代でスズメバチ駆除を行いました。

いつもお世話になっております。

(株)サンキョークリーンサービスの内田です。

今回は、東京都江東区永代でスズメバチ駆除を行いました。

場所は、共同住宅の敷地内の一角です。

管理組合の人から、毎日数匹のハチがよく飛び回っているのを見るようになったとのことでした。

 

まずは、現場調査です。

2M程度の木の枝のところにスズメバチの巣が存在しています。すぐに分かりました。

 

防護服に着替えたら、すぐにスズメバチの巣の撤去作業に入りました。

 

作業は夕方に行うので、すぐに周りが暗くなってきます。

スズメバチの駆除と巣の撤去は順調に行えることができました。

 

スズメバチは人や犬に攻撃してくるハチです。

少しでも危険を感じたら、専門の業者に駆除することをお勧めいたします。


ブログ記事の仕切りバー

東京都江戸川区でスズメバチの駆除をしました。

(株)サンキョークリーンサービスの大滝です。
本日は、本社がある隣の江戸川区にてスズメバチの駆除をしてまいりました。

今年の傾向としては、家屋の1F部分といった低めにハチの巣を作ってあることが多く、台風等の影響が関連しているかもと現場実感として感じられる次第であります。

 

RIMG0083

最初に巣の現状確認を行います。

葉っぱ同士のちょっとしたスキマにハッキリと巣を作っており、サッカーボール大ちかくまで大きくなってきてます。

 

RIMG0088 RIMG0090
さっそく、スズメバチ駆除を開始します。

スズメバチの巣は巣穴が一つしかないので、そこにハチ駆除専用棒を使用して、棒の先端ノズルから薬剤噴射を行います。

 

RIMG0092

薬剤噴射後に巣穴に紙縒り(こより)を詰め、巣全体に薬剤がしっかりと浸透するまでしばし待ちます。

この作業は二人で的確に実行していきます。

 

RIMG0094

巣を撤去した直後の写真です。

数匹のスズメバチが残っていますが薬剤にかかって動かなくなっています。撤去した巣のほうには数十匹のスズメバチやハチの子がいます。

今回も無事にスズメバチ駆除をすることができて何よりです。


ブログ記事の仕切りバー

東京都江戸川区でハチ駆除と巣の撤去(アシナガバチ駆除)を行いました。

サンキョークリーンサービスの鈴木です。

今年は暖冬の影響や台風も関係しているのか、ハチ駆除の依頼が多くなっております。

 

RIMG0105

お店の物置小屋にアシナガバチの巣が作られていて、ハチも飛び回っているとのご依頼を受け、さっそく現場へと確認しにいきました。

 

RIMG0106

RIMG0107

ポリカーボネート波板(ポリカ波板)でできた物置小屋の右上角に巣があるのが外から見ても分かります。

家屋の屋根裏・軒下に巣をつくることが多いです。これは直射日光や雨風から巣を防ぐために、こうしたハチはこうした場所を好みます。

 

RIMG0114

内側からそっと入ってみてみると、しっかりと営巣しているのが分かります。ちなみに白い膜の部分から幼虫が出てきます。

現場の状況確認ができたので、さっそくハチ駆除に入ります。

 

RIMG0115

そこで登場するのがこの釣り竿タイプの専用薬剤噴射器です。ハチ駆除では刺されにくい安全な距離から駆除することが大事です。ハチが身体のまわりを飛び回ったりした場合は、ハチとの距離が近すぎますので、それよりも離れた距離から駆除するのが一番です。

 

RIMG0117

ハチ駆除が無事に終わると巣の撤去です。これが物置小屋にあったハチの巣です。手のひらサイズよりも少し大きくなかなか立派に育ってました。巣穴の数とハチの数はほぼ同じですので、これだけでも40~50匹だけでもいることになります。

ハチの交尾は毎年9月~10月頃に行い、交尾が終わると雄は死に、雌のみが10月~11月頃にかけてから越冬をしていきます。

普段は人に危害を与えることは少ないハチですが、巣の駆除・撤去となると事情は変わってきます。興奮したハチ達や居場所のなくなった戻り蜂が近くにいる人へ危害を加える可能性はとても高くなります。

家屋の周りでハチの巣を発見し、少しでも身の危険を感じたら、ハチ・害虫駆除のサンキョークリーンサービスまでご連絡をください。


ブログ記事の仕切りバー

そろそろハチの季節も終わりですね

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

お世話になります、施工管理部の山崎智秀です。

今日は工場の駐車場でスズメバチ駆除です!
この季節のハチは、次世代の女王蜂達が巣にいますから、とっても危険です。

特にこんなところに作られては大変ですね。(赤丸の辺りに巣があります)
駐車場に蜂の巣

ハチの活動が納まる夕方を待って駆除施工です。
さらにこの日は雨が降っていたので、巣の外に出ているハチは居らず、警戒範囲に近づいても出てきません。

枝に隠れるようにある蜂の巣
かなり近づくと、ようやく顔を出しました。(赤矢印の先です)
RIMG0034_
警戒して飛び出す前に、ハチ用の防護服を装着して、いざ駆除開始です。
ハチ用防護服の着用

巣の出入り口からガス状の薬剤を噴霧して、出入り口を塞いでしまいます。
そして巣を枝から取り出して撤去完了です。
蜂の巣撤去

ハチの巣を枝ごと取っちゃいました

撤去しただけでは、ハチ駆除は終わりではありません。

他の箇所にも巣があることもありますし、撤去した巣から次世代の女王蜂達が飛び立って、越冬準備をしているかもしれません。
RIMG0043

周囲を捜索して、いないと判断できて駆除完了です。
RIMG0047


ブログ記事の仕切りバー

秋のハチは危険です

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

夏も終わりで秋になりますね、施工管理部山崎です。

今年もハチに刺されたニュースがありました。
スズメバチをはじめとして、ハチはこれからが最も危険な季節です。
巣も大きくなり、次世代の女王蜂たちが誕生しているので、それらを
守ろうと攻撃性が高まり、いままでは近づけた距離でも、襲ってくるようになります!!

ですから、こんなところにあると刺されます。

RIMG0048.JPGRIMG0049.JPG

ハチの駆除は早めであればあるほど安全に駆除できます。

秋のハチ駆除は、防護服がないと危険ですから決して無理はしないでください。

RIMG0130.JPG

防護服を着ていれば、これほどのスズメバチの巣でも駆除できます。

 

RIMG0043.JPG


ブログ記事の仕切りバー

夏本番になる前に蜂の巣駆除

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

お世話になっております。
㈱サンキョークリーンサービスの小森です。
暑い季節になってきました。
脱水症状にならないように、最近では水筒が必須です。
ハネアリの記事のより書きたい記事が出来たので
ハチの巣駆除の記事を書きます。
現場に着くと大きくはないが、ハチの巣が5個もある!!
近所の方が困って大家さんに連絡したみたいですね。
ハチの巣の確認
20140701-2.jpg  20140701-3.jpg  20140701-4.jpg
防護服を着て用意
20140701-5.jpg
準備ができたので
ここから壮絶なバトルを繰り広げます
20140701-6.jpg  20140701-7.jpg  20140701-8.jpg
20140701-9.jpg  20140701-10.jpg  20140701-11.jpg
無事に駆除完了です。
この暑い季節に防護服と言うサウナスーツを着るのは
本当に大変でした・・・。
蜂駆除は我々にお任せ下さい。
㈱サンキョークリーンサービス
℡ 0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

スズメバチ!

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

梅雨で天候が落ち着かない日々が続いています。

いきなりの豪雨などの天候の急転は現場仕事にはしんどいです。

話しは変わりますが、そろそろ蜂が巣を作り出す季節になりました。

皆様の家の庭や軒下などは大丈夫でしょうか?

まだ小さいときに駆除しておけば、被害はなく済みますので

一度確認だけでもお勧め致します。

参考までにスズメバチ駆除の施工写真です。

しっかり防護服を着て蜂と戦います。

20140704.jpg20140704-2.jpg                                                                                                                                                                                             

最後は薬剤でやっつけるという流れですね。

20140704-3.jpg20140704-4.jpg


ブログ記事の仕切りバー

春のハチ駆除

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

お世話になります、施工管理部の山崎です。

4月ですがハチ駆除の依頼がありました。

「ハチの駆除なら夏から秋では?」そう思っている方がほとんどでしょう。

たしかにニュースで放送されるハチのほとんどはスズメバチで、時期は夏の終わりくらいからですよね。

ですが、3月末から5月中ごろにかけても、ハチの駆除依頼があるんです。

今回の案件は、室内にハチが出てきて十数匹もいると駆除依頼がありました。

h1.JPG
勝手口のサンダルに2匹のアシナガバチがいます。

(クリックすると拡大できます)

アシナガバチにしても大きいですね。

室内のあちらこちらにいたので、1匹ずつ見つけては殺虫剤をかけて駆除しました。

すべて普通のアシナガバチに比べると1回りくらい大きいサイズです、これは越冬した次世代の女王蜂たちなんです。

集団で越冬していて、暖かくなったので飛び立ったのでしょう。この場合、近くに巣があるとは限らず、捜索しても見つからないことがほとんどです。もし巣があっても、空の巣になっています。

h4.JPG

この時も天井裏まで探しましたが、巣はありませんでした。


ブログ記事の仕切りバー

樹木にできたスズメバチの巣

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

春先からハチは巣を作り始め夏場から秋にかけて大きくなります。
スズメバチなどの巣は、小さなうちは比較的簡単に駆除できますが、大きくなると個体の数も増えて
専門業者でないと駆除が困難になります。
今回は樹木にできたスズメバチの巣の撤去と駆除の模様をご紹介します。


RIMG0128_20090828170700.jpg
都内の団地の生垣に大きな巣があり、剪定中に作業員の方がスズメバチに刺されてしまったと連絡が入り、早速現場へ急行し状況の確認と作業準備です。
作業員は防護服で完全装備です。

RIMG0127.jpg
樹木にできた巣は直径20㎝以上あり、ハチの量もとても多く危険な状態です。
このハチの種類はコガタスズメバチです!

RIMG0132.jpg
コガタといえどもさすがスズメバチです、成虫も大きいですが幼虫も、またこれがデカイ!!!
RIMG0133_20090828171043.jpg
巣は3層でとても丈夫なんです
RIMG0136_20090828171125.jpg
スズメバチは普通のハチに比べて本当に大きいです!
RIMG0139.jpg
巣を見つけたら、絶対に近寄らないで下さい!
RIMG0004_20090829070822.jpg
持ち帰った巣に新人の伊藤君が真剣に見入っています。
やはりめったにお目にかかれませんので興味津々のようです。

RIMG0007_20090829070837.jpg
昆虫博士の山崎君が熱心にハチの習性を話しています。


ご注意を!!
アシナガバチやミツバチなど比較的毒性の低いと思われているハチでも、2度以上刺されるとショック症状(急性アレルギー反応・アナフィラキシーショック)を引き起こし、最悪の場合死に至る事あります。
巣を見つけたり、ハチを見かけたら刺激しないようにして下さい!


ブログ記事の仕切りバー

すごいスズメバチ駆除

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

今回は先日行なった、珍しいスズメバチ駆除の状況をご紹介します。
茨城県内の、ある企業さまの社宅で、3階建て鉄筋コンクリート作りの建物の3階付近の外壁に
天井裏へ通じる換気用のパイプからスズメバチが侵入し、天井らで巣を形成していました。
建物を破壊せずに駆除がご希望でしたので、かなり苦戦しましたが、無事駆除は施工しました。


RIMG0031_20090426173917.jpg
外壁に貫通している天井裏の換気用のパイプです。
スズメバチがたくさん出入りしています。

RIMG0006_20090426173229.jpg
スズメバチの駆除は非常に危険が伴います。
万が一に備えかならず、防護服を着用します。

RIMG0005_20090426173327.jpg
使用資材を準備し作業開始です。
RIMG0026_20090426173444.jpg
屋上からパイプの穴へ薬剤を噴射しています。
RIMG0012_20090426173600.jpg
天井裏へ薬剤を噴射しています。
RIMG0017_20090426175236.jpg
巣の真下から薬剤を注入しました。
驚いたハチ達が一斉に動き出し、大型扇風機を回したような音が聞こえました。
調査時に目星をつけていた巣の場所に見事命中です!

RIMG0031_20090426173807.jpg
最後に、戻りバチ用のトラップを設置し、外に逃げ出したハチ達が、戻ったところで捕獲します。
RIMG0033.jpg
後日、トラップを回収に行くと、こんなにたくさん戻りバチが捕獲されていました。


スズメバチ駆除は非常に危険が伴います。
一般の方は、まず不可能です。
やはり専門業者へ依頼したほうが賢明ですね。