被害 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

千葉県千葉市若葉区愛生町でネズミ駆除工事を行いました。

サンキョークリーンサービスの安岡です。

本日は千葉県千葉市若葉区愛生町でネズミ駆除工事を行いました。

 

これは階段下収納を荒らされている状態です。

ビニール袋をかじられて中身が散乱しています。

 

収納されているものを全て取り出して、キレイに掃除したのちにスキマ遮断をします。

 

他にもこんなところも齧られてます。

ネズミは2,3cm程度の木材質などはたった一晩で齧り開けることができます。

 

室内遮断をするのと同時に、天井裏の仕掛けを行います。

 

天井裏にも全体的にフンがあります。

 

毎日のように天井裏で物音がしており、その部屋が和室となってます。

そこで、床下にも仕掛けをするために畳を上げて杉板・合板を開口します。

 

開けてみるとビックリです。床下は大量のネズミのフンだらけでした。

長い期間にわたって複数の個体が出入りしていた証拠です。

ここにも仕掛けを設置しました。

古い木造の住宅はネズミに入りやすい造りではありますが、室内に出なくするように駆除することはできます。

そして、ネズミが増える前に駆除することも大事です。

ネズミ被害でお困りの方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

埼玉県八潮市古新田でネズミ駆除を行いました。

サンキョークリーンサービスの鈴木(和)です。新年あけましておめでとうございます。

2019年は元旦から三が日と現場に出ておりました。この年末年始は東京都心は冷え込んでおり、ネズミも寒さから逃れて家屋に侵入してきます。

今回は、埼玉県八潮市古新田でネズミ駆除を行いました。

家屋の築年数は築30年となっております。そこまで古くはないですが近くには中川が通っており、水元公園もあります。自然豊かな環境です。

最初に天井裏の忌避剤散布を行います。家屋内からネズミを追い出す作業になります。作業してるのは中野です。

 

次は、仕掛けの設置です。粘着シートと殺鼠剤の組み合わせです。

 

今度は1Fにあるユニットバス天井裏でも繰り返し行います。

これで室内作業は終了となります。

 

次に外部の侵入経路の遮断を行います。

これは通風孔周辺の捜索作業です。調査時に確認したところをあたらめて念入りにスキマがないかチェックしていきます。

 

これは突出し下の通風孔スキマを遮断しています。

 

外からはこんな状態です。

身体を横にしてなんとか作業できる高さです。人にとっては窮屈なスペースでもネズミにとっては訳ない空間です。

キッチリと遮断を行いました。これで本日の1回目の工事は終了となります。

また1週間後に2回目を行う流れとなりました。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

埼玉県草加市住吉でねずみ駆除工事を行いました。

(株)サンキョークリーンサービスの内田です。

10月に入りまして、シロアリの定期点検やネズミ調査などを行っている日々です。

本日は、埼玉県草加市住吉でねずみ駆除工事の初回を行いました。

まず最初に2Fの天井裏から仕掛けの設置と追い出し作業を行います。

 

こちらは設置した状態です。

反対側の方にも同じように設置をしています。

 

次に、追い出し作業を行います。

専用の機械を使って、忌避剤の散布をします。

天井裏に忌避剤を散布していくと、匂いのしない屋外へと逃げていってくれます。

成分は、ハッカやミントといったほのかな植物性の匂いがするものとなっております。消臭効果もあります。

 

2Fの和室天井裏の設置の次は、1FのUBの天井裏に仕掛けていきます。

 

粘着シートの設置などをしていきます。

ここで、目の前の断熱材を少し手でめくってみます。

 

すると、黒っぽい粒みたいなのが見えてきました。

ネズミのフンです。

ここに営巣していた証拠となります。

 

また、パイプの上を見てみます。

チリボコリの上に跡らしきものが見えます。

これが、ネズミの足跡なり尻尾がこすれた跡です。

 

今回の侵入経路は戸袋のスキマからでした。

大滝さんが戸袋の鏡板(パネル板)を外して、遮断しています。

これで、初回の工事は終了となりました。

また、一週間後に確認作業を行います。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

恐るべしねずみの仕業!!

豊島区の築50年の戸建からご相談を受け、現場調査に伺ってきました。
このお宅は、数年前から夜な夜なねずみの被害に悩まされていたようです。
食べ物を齧られるのは日常茶飯事で、最近行動がエスカレートしてきたようで、昨夜は
とうとう、写真の有様です。
この症状は、和室とキッチンに、昼間閉じ込められたねずみが深夜に、壁の中(侵入経路)へ
戻ろうとして、閉まっている扉を齧ったようです。

20130430_photo01.jpg 20130430_photo02.jpg 20130430_photo03.jpg

この症状は、一晩にして起こりました。 おそらく、ねずみ達も、餌を摂取しなければなりませんし、必死の行動
なのが想像つきます。
豊島区は東京の中でも、特にねずみの被害報告が顕著なようです。
まず、建物へ簡単に侵入させない事が肝心ですが、わずか2センチの隙間から建物へ侵入するねずみには
細心の注意を払っていても入りこまれてしまいます。
少しでも、ねずみらしき気配を感じたら、早急にご相談下さい!!


ブログ記事の仕切りバー

【 えっまさか!ガレージのマイカーの中にまでねずみが・・・・  】

こんにちは施工管理部の前田です。


千葉県松戸市の農家から車の中にねずみ が入ってきて困っている!


と調査依頼がありました。


訪問してみると、ガレージに駐車中の車のフロアマットが確かに


ねずみにより齧害されています。


ねずみの歯は人間と違い伸び続けますので、物を齧ることで、その伸びを


調節していると言われていますが、まさか車のマットまで被害にあうとは・・・・


ここの所の、冷え込みで、暖をとるための車内への侵入かと思いますが


お客様としてはたまったものでは有りませんね。


早速対策を検討しますが、さーどうするか思案のしどころです。

ごくありふれた、農家のガレージです。 特に食べ物を放置しているわけでも無く、

やはり寒さ故のねずみの侵入 かと思われます。

その辺は、人間と同じなんです。

サンキョースタッフのブログ

まだほぼ新車に近いマイカーです。 齧られたことのショックよりも、車内を徘徊された

気持ちの悪さに、この客様は車自体の売却も考えられていました。

気の毒です。

サンキョースタッフのブログ

この齧り方見ると、やっぱり気持ちいいものではないですねショック!

サンキョースタッフのブログ

写真じゃわかりにくいですが、床面にはねずみの糞や尿跡 もありました。

サンキョースタッフのブログ

ブログ記事の仕切りバー

【 ねずみが齧って商品にならなくなった食パン 】

こんにちは。

工事部の小山です。

当社が衛生管理を請け負っている

スーパーのバックヤードにあった廃棄される

食パンの被害です。


スパーや食品を扱う不特定多数の人が出入りする場所は


定期的に衛生管理を行います。


ねずみ は昼間はあまり活動しないと思いがちですが、


都会の繁華街などでは、必ずしもそうとは限りません。


昼間、ちょっとした隙に商品の搬入搬送口からバックヤードへ侵入し、


隠れ、夜間人がいなくなってから、自由に活動します。


写真の食パンは、立派な商品として消費者の元へ届くはずが、一夜にして


この有様です。


この経済的被害は、かなりの数字になると思います。

 

ねずみの侵入 を阻止する事は、至難の技で、まさに、人とねずみはイタチごっこで知恵比べです。

サンキョースタッフのブログ

当社が衛生管理をする以前は、食パンだけではなく、

                カップ麺や、ペットフード、豆腐等、ほぼ毎日被害が

                続いていましたが、今は、時々こんな症状が

                おこります。

                定期防除は大切な事ですし、特に食品を扱う店舗さま

                の場合、イメージを考えると、ねずみによる、

                もろもろのリスクは計り知れません。

サンキョースタッフのブログ

これじゃー商品にはなりませんよね!

                   これドブネズミの仕業なんです!!

                   恐るべしドブネズミ。


ブログ記事の仕切りバー

ネズミはこんな隙間から、被害が広がっています。

こんにちは。施工管理部の鈴木です。


先日、ネズミの被害調査 をした現場の様子です。


施主さんは、鉄骨造でへーベルなので、なぜネズミが天井裏や、


生活空間にまで発生するのか、不思議でしょうがなかったとの事・・・・


施主様はご自身で、ホームセンターで購入した駆除資材を使ってネズミと


格闘されていたようですがここに来て、とうとうお手上げ状態に!!


私が、調査したところ、こんな些細な原因がわかりました。

サンキョースタッフのブログ

一般的な、換気扇フードです。異物混入予防の金網が貼り付けてありますが

劣化によりわずかな隙間が出来ています。

サンキョースタッフのブログ

金網の隙間から、ネズミが出入りしているため、壁にラットサインが

くっきりと出来ていました。

※こんな小さな原因で、長年にわたり不快な症状に苦しまれていたようです。

  当社が出動するまでもなく、アドバイス差し上げ一件落着でした。


ブログ記事の仕切りバー

荷物が沢山あり、移動しながらのネズミの調査。

工事部の松田です、ネズミの調査のご依頼を頂いたお客様で

室内に荷物が沢山ある為に、移動しながらネズミの室内への

侵入経路と外部からの侵入経路を調査しました。

まずは、室内へのネズミの侵入経路を調査しました。

和室への侵入経路(鼠穴)

サンキョースタッフのブログ

和室押入れへの侵入経路(鼠穴)

サンキョースタッフのブログ-押入れ

階段への侵入経路

サンキョースタッフのブログ

トイレへの侵入経路

サンキョースタッフのブログ-トイレ

次に、外部からのネズミの侵入経路を調査しました。

雨戸袋からの侵入経路

サンキョースタッフのブログ

サンキョースタッフのブログ

配管孔からの侵入経路

サンキョースタッフのブログ

サンキョースタッフのブログ

サンキョースタッフのブログ

基礎沿いからの侵入経路

サンキョースタッフのブログ

※今回の物件は築年数も古い為にネズミが侵入する経路が非常に

多く、又荷物も沢山ある為に移動しながらの作業でまだまだ発見

出来てない箇所が沢山あると思われますので、施工時には一層

の注意力を持って対応させて頂ければと思っております。


ブログ記事の仕切りバー

あぶなかったですね~

ブログを見て下さっている皆さん、こんにちは、工事部の安岡です。


今日は間一髪で間に合ったネズミ工事の現場をご紹介します。

あるアパートの管理会社からご依頼頂いた、ネズミ防除工事の物件でした。

そのアパートでは、居住空間に出没していて、2階にお住まいの住人様が、室内に出たネズミが、

キッチンの冷蔵庫裏に逃げ込むことを何度も目撃していました。

サンキョースタッフのブログ-冷蔵庫の裏にネズミが逃げ込む

そこで、冷蔵庫を動かしてみることにしました。

万が一のため、食器類を全て出してから 、さぁ動かします!

サンキョースタッフのブログ-いざ動かします

すると・・・・・

サンキョースタッフのブログ-うわ!! 床抜ける!!

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫の脚の部分に大きな穴が開いています!!
しかも床板を支えている、根太が半分近くも齧り取られていました!
この調子で齧られていたら、冷蔵庫の重みで床板が抜けていたでしょう。

そしてこのお部屋は2階ですから、抜けてしまった時のことを考えると怖いですね。
これにはお立会いされた大家さんもビックリしてました。


※ 本来なら、床板の修繕等は弊社協力会の大工さんをにお任せして床板の交換になるほどです。

ネズミの出入り口であることと、冷蔵庫の脚が乗る箇所であることから、緊急性が高いので

この部分の補強と合板を床板代わりに嵌めこむことにしました。

サンキョースタッフのブログ-ちょうど合板あってよかった

ちょうど床板と同じ厚みの合板と根太を施工車両に積んでいたので、サイズを測って床板として

嵌めこみました。

床が抜ける前で本当によかったです。

 

 

 


ブログ記事の仕切りバー

見逃せないネズミの被害

ネズミの種類にもいろいろあり、ぞくに言う”いえネズミ”とは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミです。その中でも特に駆除が難しいのがクマネズミです。それは、非常に警戒心が強く、かつ学習能力が非常に高いことが原因です。1990年以降クマネズミは大都市圏のビルだけではなく、一般住宅にも移り住むようになり、その数は増加の一途です。一旦住宅の天井裏などに入り込んでしまうと、断熱材が巣材となり足音も吸収してくれるため、人間が気づかぬまに営巣されていることがたくさんあります。
PC070029.jpg
天井裏の断熱材のカバー紙をクマネズミが齧って巣材にしています
PC070031.jpg
近くで見てみると糞がたくさんあるのがわかります
PC070039.jpg
さらに断熱材をめくると、中は完璧なネズミの巣でした


このように、一般家庭のネズミの被害は知らないうちに天井裏に営巣され出産が繰り返し行われてしまいます。