ねずみのラットサインって | サンキョークリーンサービス

ねずみのラットサインって

今回ご紹介するのは、豊島区の一戸建て住宅のネズミ調査の写真です。

ネズミの調査では、まずネズミが住宅に侵入してくる経路を探すことが先決です。

ネズミの侵入経路にある足跡やかじった跡、黒く汚れた跡のことをラットサインと言います。

このラットサインを手掛かりにして、ネズミの侵入経路を特定し、駆除の方法を検討します。

RIMG0003.JPG
雨どいにネズミの足跡を発見。

RIMG0004.JPG RIMG0005.JPG

RIMG0006.JPG RIMG0011.JPG
雨どいを伝って屋根から屋根裏に侵入したと思われます。

RIMG0015.JPG RIMG0017.JPG
屋根裏に糞の被害はほとんどありませんでした。断熱材が少しかじられていました。

RIMG0022.JPG
長押の内側にたくさんのラットサインを発見しました。

RIMG0024.JPG
ネズミの侵入経路は、屋根裏から壁を伝って長押などから室内に侵入したものと判定し、駆除の方法を提案しました。

ネズミは同じ経路を行き来する習性があります。
ですのでラットサインを見つけられれば、より正確で確実なネズミ駆除につながると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)