シロアリ駆除の事 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

千葉県市川市東菅野でシロアリ・羽アリ消毒駆除をしました

(株)サンキョークリーンサービスの内田です。

5月と6月は、毎日のようにシロアリや羽アリの調査と駆除の工事をしています。

本日は、千葉県市川市東菅野でシロアリ・羽アリ消毒駆除をしました。

現場の建物は2004年に建てられたというので築14年で新しいです。

被害箇所は玄関の框のところで、ここから羽アリが出てきたということでした。

これは、ちょうど羽アリが出てきたところに薬剤を注入しているところです。

 

ズームしてみると、こういう状況です。

薬剤を入れるために少しだけ穴を空けます。

 

次に、玄関の框と同じぐらいシロアリの被害に逢いやすい玄関枠の部分にも薬剤を注入します。

これは土間の目地の部分に入れてます。

 

こちらは、玄関枠のネジ穴の部分への薬剤注入となります。

 

今度は外壁部分で、これは玄関の袖壁という部分になります。

玄関周辺は床下からですと薬剤が処理できない場所となるので、こういった複数箇所での薬剤注入を行うようにします。

 

玄関の注入をしている間に床下では、床下のゴミを清掃しています。

 

床下には砂や土ボコリだけではなく、木くずやクギ、軍手、PPバンド、断熱材の破片などなど、たくさんのゴミが散らかっていたりします。

見た目やシロアリの原因はもちろん、薬剤効果の低下にもなります。

床下は可能な限りはキレイな状態にしておくのが一番です。

 

床下の消毒をしています。

ゴミがなくキレイになった床下は移動するのも簡単です。

 

これは玄関下の部分となります。

最近の住宅は、玄関といった部分に羽アリが発生しても床下から見ると、羽は落ちてなく蟻道もないなど、見えないことも多くなってます。

床下がコンクリートのベタ基礎でも、玄関のたたき部分を後からコンクリートを流し込んでいく造りですと、

たたき下のコンクリートとベタ基礎の間にシロアリが入ってこれるスキマができてしまう状況になったりします。

とくに2011年の3月11日の大地震より前に建てられた戸建てはそのリスクがより多くなるケースもあります。

まだ、自分の家は築20年経ってなく、羽アリやシロアリを見かたことがなくても、予防でシロアリ消毒をしておくと住宅保全の観点からもお勧めいたします。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

羽アリが飛んでいたらシロアリ駆除は必要です

(株)サンキョークリーンサービスの大滝です。
今年(2018)も羽アリが飛び始めました。昨年よりも早くから飛んでいます。

この時期に玄関や浴室、または室内や庭先で見かける羽アリは家の大事な木を食べるシロアリの羽アリです。

シロアリや羽アリはシロアリ消毒によって、しっかりと駆除することができます。

今年の羽アリの発生の一部です。

これは外壁のスキマから羽アリが出てきてます。

 

玄関框のスキマからいまシロアリの羽アリが群飛する瞬間です。

 

これは、浴室のユニットバスの天井フタの上に落ちていた羽アリです。

たくさんの羽が落ちます。

このように、室内に羽アリが出てくるのは実は一部で、床下や壁の中に何百匹と羽アリが発生しているかもしれません。

この4月・5月にシロアリや羽アリを見かけたら要注意です。

シロアリ消毒は駆除はもちろん、予防も効果があります。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

神奈川県横浜市中区麦田町でシロアリ予防消毒を行いました。

いつもお世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの大滝です。
本日は、神奈川県横浜市中区麦田町でシロアリ消毒の予防を行ってきました。


まずは、外壁の薬剤注入から始めていきます。

ここは1Fのガレージ部分となるところで、ビルトインタイプの間取りとなります。

 

反対側の外壁ラインにも同じように薬剤処理を行っていきます。

穴の大きさは3.8mmで、音楽を聴くときのステレオミニプラグ(3.5mm)ぐらいの大きさです。

 


外壁が終わると、次は玄関枠にも薬剤注入します。

ここはドアの設置で止めてある、元々のネジ枠の穴から注入していきます。

今回は築10年目の予防消毒ということもあり、穴を空けるといった穿孔作業は必要最低限となります。

 


床上の作業が終わったら、次は床下の消毒となります。

しっかりと薬剤を散布します。

シロアリの消毒は何と言っても予防消毒が一番です。

また定期的に消毒することは、その都度の床下の環境状態を把握することもできるため、家屋保全の観点からもお勧めいたします。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス

 


ブログ記事の仕切りバー

千葉県市川市大町でシロアリ消毒と湿気対策工事を行いました。

いつもお世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの鈴木(靖)です。
今回は、千葉県市川市大町でシロアリ消毒と湿気対策工事を行いました。

床上の穿孔注入を行います。
ここは玄関の部分となります。

 

次は浴室の穿孔注入を行います。
タイルの目地の部分に小さな穴を空けて、そこから薬を入れています。
入れ終わったあとにセメントで補修します。

 


これは床下の玄関框に薬をかけてます。
白いのは調湿材で、もともと床下にまいてあったものとなります。

 


これは床下の洗面所下に薬をかけてます。
見てわかるように、調湿材が床下の土に直接まいてあります。
この状態だと地中の水分を吸ってしまったあとは、調湿材の効果が弱くなります。

 

シロアリ消毒をしたあとに、防湿シートを敷きこみました。

 

その上から調湿材をまきました。

シロアリの消毒だけでなく、湿気対策も行えたとお客様も喜んでいました。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

東京都大田区下丸子でシロアリ消毒を行いました。

いつもお世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの前田です。
今回は、東京都大田区下丸子でシロアリ消毒を行いました。

こちらのお宅は、11月頃から家屋内にネズミが入り込んだということで、ネズミ駆除を行っていた場所となっております。
床下で成獣を捕獲してネズミ駆除をしたあとに、シロアリの消毒も希望とされるということになりました。


大滝君が床下の粘着シートを回収しているところです。
このあと、床下のシロアリを消毒を行います。

 

20年程前に消毒をしていたということで被害はなく、予防できっちりと消毒していきます。
こちらは、玄関のドア枠に薬を注入しているところです。

 

次にタイルの浴室のドア枠にも薬を入れてきます。

 

床上からの消毒が終わると、床下へと潜り、床下全面に薬を散布します。
これで、無事に消毒は終了いたしました。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

千葉県松戸市常盤台でシロアリ調査を行いました。

いつもお世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの内田です。
今回は、千葉県松戸市常盤台でシロアリ調査を行いました。

 

こちらは和室の畳がシロアリによって食べられてしまっている状況になります。

 

次はこちらの畳を上げた状態になります。

畳を上げたところを見ると土っぽい跡があります。

この土や跡がシロアリの持ってきた土で蟻土といいます。

その跡みたいなところは喰害となります

 

床下を潜るために養生してみます

 

潜る場所は台所収納庫の下からです

 

さっそく、畳の上にもあったのと同じで蟻道がはっきりとありました。

 

他の場所でも蟻道を発見しました。

束石・束柱から大引きにまで伸びています。

和室、床板の沈み、柱がぶよぶよする等、少しでも気になると感じましたら、専門の害虫駆除業者で調査することをお勧めいたします。

後日、提出したお見積りの施工依頼がきました。
しっかりと駆除を行って参ります。


ブログ記事の仕切りバー

東京都杉並区和泉で基礎断熱構造のシロアリ消毒を行いました。

いつもお世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの鈴木です。
今回は、東京都杉並区和泉で基礎断熱構造のシロアリ消毒を行いました。
 

こちらのお宅は20年目で、リビング室内の窓枠より羽アリ発生での調査ご依頼でした。
調査時において発生箇所付近の床下側・外基礎側どちらにも蟻道が無い状況でした。
 

外基礎面にクラックが有った為打診確認をするとポコポコと空洞音がしたので経年劣化若しくは地震?の影響による表面モルタル仕上げ塗りが剝れその間から地中を経て蟻道を立ち上げての被害と考えます。
 

外基礎クラック付近に穿孔注入をすると僅かに薬剤が浸透したのでその後さらに土壌注入処理での基礎外周の消毒を行いました。
 

基礎断熱構造での同じ症状が有る場合がありますが、通常の基礎構造でも目視での蟻道の確認ができない場合は特に外側の基礎面の打診による調査が必要と実感した物件でした。
 

最後に床下の土壌処理をして、本日のシロアリ消毒作業は終了となりました。

やはり建物のシロアリ調査やシロアリ被害確認などは、私たち専門家による目視が有効的なのは今後も変わることはないかと思われます。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

東京都大田区大森北でシロアリ・カビ消毒を行いました。

いつもお世話になっております。

(株)サンキョークリーンサービスの中野です。

時期的にお盆休みが終わりの方も多くなっているかと思います。僕は来週からお盆休みの予定となっております。

今回は8月に入った最初の週末に、東京都大田区大森北でシロアリ・カビ消毒を行ってきました。

これは玄関枠材を薬剤処理しているところです。

 

次に、玄関のネジ枠穴の中に薬剤処理しています。
玄関木枠の下には食害があります。

 

その次は、玄関框の下にあるタイル目地にも薬剤注入をします。

 

玄関が終わりましたので、次は浴室のドア枠を薬剤注入します。
ここは調査時に一番シロアリの食害被害が遭った場所でした。

 

玄関と同じく、タイル目地の間に薬剤処理を行いまいした。

 

あとは、床下の消毒です。
最初に、床下の木の柱に消毒と防カビ殺菌をいたします。
 

床下にある木にはまんべんなく防カビ殺菌をしていきます。

 

最後に床下の土壌を消毒して、工事終了となりました。

お客様からは、手際よく作業が進んでいくので安心して任せられましたと言って頂けました。

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

東京都板橋区坂下で家屋外壁からのシロアリ侵入及び被害です

(株)サンキョークリーンサービスの前田(耕)です。

7月に入り、梅雨が明けるまでは雨の中での作業も多くなりますが、この時期はシロアリ駆除の御依頼も多い季節でもあります。

先日、外壁塗装の業者様からシロアリ駆除の御依頼があり、3階建ての戸建住宅で、外壁の断熱材と構造板がシロアリの被害が有るとの事で、シロアリ駆除に伺いました。

外壁からの雨漏りや水染みが原因と思われますが、外断熱と構造板の隙間を地下(土壌)からシロアリ登って、3階まで到達している状況でした。

 


蟻道が外断熱材にびっしり形成されていました。

 


外断熱材を取り外しました。

 


外断熱材の内側の構造板にはヤマトシロアリの蟻道と食害がありました。

 


1階~3階に木部剤での薬剤処理を入念に行いました。

 


高所での作業は足場はなかなか慣れない為、大変です。

 


シロアリ被害の甚大な構造板は新しく交換し、薬剤処理を施しました。

今回の被害は外壁塗装業者様が水染みの酷い箇所のサイディングを一部はがして見たところ
発見出来ましたが、外観のみの非破壊検査では発見するのは困難です。

地面(土壌)から基礎沿いにも蟻道が形成されていますが、化粧基礎と外断熱材との隙間に形成されている為に、化粧基礎を一部分破壊して検査するケースもあります。

やはり、確かな知識と経験も必要になります。


ブログ記事の仕切りバー

羽アリの屋外発生も要注意です!!

お世話になります。

(株)サンキョークリーンサービス 施工管理部 鈴木(靖)です。

ゴールデンウイークも終盤ですね。気温も高くなってまいりました。

本日は神奈川県横浜市の戸建住宅にてハネアリが出たとのことで

調査に向かいました。

 

 

エアコン室外機の上に置いてあるコンパネ(加工してあるベニヤ)

にヤマトシロアリの羽アリがこれから大量に発生していました。

その周辺を点検してみると・・・・・。

この羽アリはどこから?

床下からです、今まで家を建ててから一度も消毒はしてない

との事でした 床下を点検してみましたら

建物に重大な問題が判明しました・・・・

 

建物基礎通風孔(床下換気の為の風窓)が、外周の土壌よりも低く

本来の通気を維持できてはいないことにより、床下の土壌は長い年月放置

され、カビ菌・シロアリの生息しやすい環境になってしまいました。

幸いこちらのご住宅は、被害は一ヵ所だけでしたが

羽アリの発生がシロアリの被害に気付くきっかけになったようです。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の
(株)サンキョークリーンサービスへ