施工 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

浴室入り口のドア枠

シロアリの被害多いのが、浴室のドア枠です。
入浴中のお湯や水がかかりやすい場所であることや、出入りの時にどうしても、
濡らしてしまう場所のため、木材が含水していまいシロアリを誘発しやすくなってしまいます。


RIMG0007_20090416132632.jpg
RIMG0004_20090416132454.jpg
RIMG0005_20090416132726.jpg
RIMG0081.jpg
RIMG0078.jpg


ブログ記事の仕切りバー

雨漏りからこんなことに

東京都武蔵野市のアパートの大家様からのご依頼でシロアリの調査を行いました。
アパート2階の通路の防水塗料が劣化し、どうもシロアリの被害があるのでは、とのことで
早速お伺いし点検したところ、1F通路の天井裏、つまり2F通路の真下の梁と2F通路の内壁
が滅茶苦茶にシロアリに食害されていることがわかりました。
この被害は数年前から起こっていたものです。
お客様も数年前に初めてシロアリかな?と思ってから、出入りのリフォーム屋さんに相談し、
壁の張替えやドア枠の交換をしたりと、何かとアパートの維持管理に費用をかけていらっしゃる
ようでした。
ところが、再三業者の方にシロアリの被害の有無を確認しているにも関わらず、答えはNOで
結局この有り様です。


RIMG0002_20090416071920.jpg
通路の防水塗料と壁の立ち上がりの隙間が劣化し、雨水が内壁部へしみこんでいます。
RIMG0009_20090416071744.jpg
許可をもらい、外壁の一部を剥がすと、予想通り中は甚大なシロアリの被害です。
RIMG0044_20090416071501.jpg
通路を支える梁が食害されています。
RIMG0045_20090416071542.jpg
床材の鉄骨も雨水によって錆びてしまっています。
RIMG0007.jpg
鉄骨で下から柱をたて補強しています。
RIMG0066_20090416072341.jpg
梁にも鉄骨を抱かせ補強を行ないました
RIMG0069_20090416072431.jpg
被害は一部だけでは無く、通路全域まで広がっていました。
P8300078.jpg
補強と修復の後は、駆除と新たな部材への予防処理です。


今回の工事でとても残念だったことは、お客様が親しくしていたリフォーム屋さんがシロアリの
被害や習性にそもそも気づいていなかった点です。
それと、お客様がひょっとしてシロアリかなと感じたときに、リフォーム屋さんに遠慮しないで
思い切って専門業者に調査を依頼すればよかった、この2点です。
数年前にシロアリの兆候があった時に、早急な駆除を行えば、被害はこんなに拡大しませんでした。
こちらの物件は、もちろん完全駆除をし、5年間保証をお付けしました。


ブログ記事の仕切りバー

土壌処理

シロアリは土中やコンクリートの表面に自分たちでトンネル(蟻道)を作って侵入してきます。得にお風呂場や洗面所、トイレなど湿気の多い場所の木部を加害します。加害するイメージが強いため土台や柱などの予防駆除が大切ですが、予防という面から考えると土壌処理が一番大切です。つまり、シロアリの通り道の薬剤処理が重要なのです。標準仕様に基づいた土壌処理剤を土間前面に散布します。コンクリート土間でも同様な処理が必要です。   


 

P7070016_1

 

床下の土壌へ薬剤を散布します

 

 

 

 

 

RIMG0023

 

 

コンクリート土間でも土壌処理はとても重要です

 

 

 

 

RIMG0024

 

配管とコンクリートの僅かな隙間を利用して地中からシロアリが侵入してきます

 

 

 

 

 


よく我が家の床下はコンクリート土間なのでシロアリの心配はないでしょと聞かれますが、コンクリートでもシロアリはやってきます。塩化ビニールの配管などはコンクリートとは結合しませんので、その隙間や仮枠の金物との隙間、もっとすごいのはシロアリ自身がコンクリートを砕きながら蟻道を形成して地中から床下へ侵入することもあるんです。油断はできません。

 


ブログ記事の仕切りバー

大切な土壌処理 Ⅰ

シロアリは土中やコンクリートの表面に自分たちでトンネル(蟻道)を作って侵入してきます。

得にお風呂場や洗面所、トイレなど湿気の多い場所の木部を加害します。

加害するイメージが強いため土台や柱などの予防駆除が大切ですが、

予防という面から考えると土壌処理が一番大切です。

つまり、シロアリの通り道の薬剤処理が重要なのです。

標準仕様に基づいた土壌処理剤を土間前面に散布します。

コンクリート土間でも同様な処理が必要です。  


 

P7070016_1



床下の土壌へ薬剤を散布します

 

RIMG0023

 

コンクリート土間でも土壌処理はとても重要です

 

 

 

RIMG0024



配管とコンクリートの僅かな隙間を利用して地中からシロアリが侵入してきます





よく我が家の床下はコンクリート土間なのでシロアリの心配はないでしょと聞かれますが、


コンクリートでもシロアリはやってきます。


塩化ビニールの配管などはコンクリートとは結合しませんので、その隙間や仮枠の金物との隙間、


もっとすごいのはシロアリ自身がコンクリートを砕きながら蟻道を形成して地中から床下へ侵入


することもあるんです。


油断はできません。



ブログ記事の仕切りバー

被害部分の処理

床下の土台や大引きなどの木部にシロアリの被害があったり、蟻道(シロアリが土や排泄物で作ったトンネル状の通路)が形成されている周辺にはドリルで穿孔し薬剤を柱の中心部へ注入します。その後木栓にて修復します。木部の表面には吹付け処理を行います。

P7260053

10ミリ~12ミリのドリルで柱の中心まで穴を開けます

P7260056

加圧コンプレッサで薬剤を注入します

P7260055

薬剤注入後は専用の木栓で修復します

少しでもシロアリの被害があればその周辺は特に入念に処理をしなければ柱の中のシロアリの駆除はできません。


ブログ記事の仕切りバー

被害部分の処理です。(木部穿孔処理)

床下の土台や大引きなどの木部にシロアリの被害があったり、

蟻道(シロアリが土や排泄物で作ったトンネル状の通路)が形成されている周辺には

ドリルで穿孔し薬剤を柱の中心部へ注入します。


その後木栓にて修復します。木部の表面には吹付け処理を行います。
P7260053

 

 

 

10ミリ~12ミリのドリルで柱の中心まで穴を開けます

P7260056

 
加圧コンプレッサで薬剤を注入します

 

P7260055

 

薬剤注入後は専用の木栓で修復します

 

少しでもシロアリの被害があれば、その周辺は特に入念に処理をしなければ、
柱の中のシロアリの駆除はできません。


ブログ記事の仕切りバー

床下木部処理

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさにシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理

 

 

P5190018

 

 リビング床下の束柱への吹付け処理

 

 

P7070012_1

 

 床下土台への吹付け処理

 

 

 


ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリ消毒工事の床下木部処理です。

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。


自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさ


にシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理



P5190018


 リビング床下の束柱への吹付け処理

 


P7070012_1


 床下土台への吹付け処理



 



ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被


害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下


や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので


要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー ブログ記事の仕切りバー

作業前準備 1

f8cecab1.JPG
シロアリ防除工事は1F床下を基本に薬剤処理を行います。床下へ作業員がもぐりこんでの作業になりますので、作業中に施工スタッフが地上への出入り時などに室内が汚れないように厳重な養生を行います。同時にホコリなども出ないように注意しながら作業を進めます。