男子現場活動ブログ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

すごいスズメバチ駆除

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

今回は先日行なった、珍しいスズメバチ駆除の状況をご紹介します。
茨城県内の、ある企業さまの社宅で、3階建て鉄筋コンクリート作りの建物の3階付近の外壁に
天井裏へ通じる換気用のパイプからスズメバチが侵入し、天井らで巣を形成していました。
建物を破壊せずに駆除がご希望でしたので、かなり苦戦しましたが、無事駆除は施工しました。


RIMG0031_20090426173917.jpg
外壁に貫通している天井裏の換気用のパイプです。
スズメバチがたくさん出入りしています。

RIMG0006_20090426173229.jpg
スズメバチの駆除は非常に危険が伴います。
万が一に備えかならず、防護服を着用します。

RIMG0005_20090426173327.jpg
使用資材を準備し作業開始です。
RIMG0026_20090426173444.jpg
屋上からパイプの穴へ薬剤を噴射しています。
RIMG0012_20090426173600.jpg
天井裏へ薬剤を噴射しています。
RIMG0017_20090426175236.jpg
巣の真下から薬剤を注入しました。
驚いたハチ達が一斉に動き出し、大型扇風機を回したような音が聞こえました。
調査時に目星をつけていた巣の場所に見事命中です!

RIMG0031_20090426173807.jpg
最後に、戻りバチ用のトラップを設置し、外に逃げ出したハチ達が、戻ったところで捕獲します。
RIMG0033.jpg
後日、トラップを回収に行くと、こんなにたくさん戻りバチが捕獲されていました。


スズメバチ駆除は非常に危険が伴います。
一般の方は、まず不可能です。
やはり専門業者へ依頼したほうが賢明ですね。


ブログ記事の仕切りバー

アメリカカンザイシロアリの被害

最近当社へもアメリカカンザイシロアリについてのお問合せが非常にふえています。
当社へ初めて問合せがあったのは、今から10年以上前の平成9年の夏に千葉県木更津市の
一般住宅のお客様からでした。
当時としては、まだアメリカカンザイシロアリについての情報や被害報告も少なく、当社も実際の現場を
調査しましたが、まだまだ確信がもてない状況でした。
その後、今日までの十数年の間に都内の江戸川区や中野区を中心に、かなりのスピードで被害が拡大
しているようです。
そもそも、アメリカカンザイシロアリとは米国ワシントン州からメキシコにかけての太平洋沿岸の地域で
生息していた乾材シロアリでした。
外来種であるそのシロアリが、日本国内で生息することになった経緯としては、輸入木材や輸入家具に
ついて国内に持ち込まれたことが原因です。
日本で最初に発見されたのは、1976年に江戸川区内が最初ですので、近年の江戸川区内からの
お問合せや駆除依頼の多さには納得できます。
従来、日本国内で住宅を加害するシロアリは”ヤマトシロアリ”と”イエシロアリ”が主でした。
この2種類は、地下シロアリと言われ、給水源、つまり湿気を必要とし、また好み、高多湿な場所での
生息が通常でしたが、アメリカカンザイシロアリは人間が感じない程度の湿気、つまり乾燥した場所での
生息が可能な種類なので、住宅の床下だけではなく、天井裏や小屋組みなど比較的乾燥している場所の
柱などを加害してしまいす。
発見に至るきっかけは、お掃除をしているにもかかわらず、床や窓枠に木屑のようなものがパラパラと
落ちている事があるようです。
これが、実は砂粒状のアメリカカンザイシロアリの糞で天井裏などから落ちてきています。
一箇所でこのような症状があるお宅では住宅のあちらこちらに被害部位が確認されます。
それは、アメリカカンザイシロアリの少数での生活習性にとても関係があります。
有翅虫(ハネアリ)の群飛の期間も3月~11月くらいまでだらだらと続き被害は拡大するばかりなのです。
特に、江戸川区内や、中野区内、その周平地域の方は、被害があれば即対処はもちろんですが
侵入防止を踏まえた予防対策が必要です。


 

331e984f-s_49bf762dd4565.jpg
玄関土台です。ちょっとわかりずらいですが、土台の表面に糞の排出孔があります。
2b7b3214-s_49bf763576a2b.jpg
柱の表面の薄皮をめくってみると、そこは糞の山です。
f78c824c-s_49bf7631a03cf.jpg柱の角には上から落ちてきた分が山積しています。上に伸びている柱にも被害があります。


このようにアメリカカンザイシロアリは乾燥した木材を好んで生活し、木材内部を喰害しています。
明らかに土壌性のヤマトシロアリやイエシロアリとは習性が違います。


ブログ記事の仕切りバー

すごいスズメバチ駆除

  • 投稿日:
  • カテゴリ: ハチ

今回は先日行なった、珍しいスズメバチ駆除の状況をご紹介します。
茨城県内の、ある企業さまの社宅で、3階建て鉄筋コンクリート作りの建物の3階付近の外壁に
天井裏へ通じる換気用のパイプからスズメバチが侵入し、天井らで巣を形成していました。
建物を破壊せずに駆除がご希望でしたので、かなり苦戦しましたが、無事駆除は施工しました。


RIMG0031_20090426173917.jpg
外壁に貫通している天井裏の換気用のパイプです。
スズメバチがたくさん出入りしています。

RIMG0006_20090426173229.jpg
スズメバチの駆除は非常に危険が伴います。
万が一に備えかならず、防護服を着用します。

RIMG0005_20090426173327.jpg
使用資材を準備し作業開始です。
RIMG0026_20090426173444.jpg
屋上からパイプの穴へ薬剤を噴射しています。
RIMG0012_20090426173600.jpg
天井裏へ薬剤を噴射しています。
RIMG0017_20090426175236.jpg
巣の真下から薬剤を注入しました。
驚いたハチ達が一斉に動き出し、大型扇風機を回したような音が聞こえました。
調査時に目星をつけていた巣の場所に見事命中です!

RIMG0031_20090426173807.jpg
最後に、戻りバチ用のトラップを設置し、外に逃げ出したハチ達が、戻ったところで捕獲します。
RIMG0033.jpg
後日、トラップを回収に行くと、こんなにたくさん戻りバチが捕獲されていました。


スズメバチ駆除は非常に危険が伴います。
一般の方は、まず不可能です。
やはり専門業者へ依頼したほうが賢明ですね。


ブログ記事の仕切りバー

アメリカカンザイシロアリの被害

最近当社へもアメリカカンザイシロアリについてのお問合せが非常にふえています。
当社へ初めて問合せがあったのは、今から10年以上前の平成9年の夏に千葉県木更津市の
一般住宅のお客様からでした。
当時としては、まだアメリカカンザイシロアリについての情報や被害報告も少なく、当社も実際の現場を
調査しましたが、まだまだ確信がもてない状況でした。
その後、今日までの十数年の間に都内の江戸川区や中野区を中心に、かなりのスピードで被害が拡大
しているようです。
そもそも、アメリカカンザイシロアリとは米国ワシントン州からメキシコにかけての太平洋沿岸の地域で
生息していた乾材シロアリでした。
外来種であるそのシロアリが、日本国内で生息することになった経緯としては、輸入木材や輸入家具に
ついて国内に持ち込まれたことが原因です。
日本で最初に発見されたのは、1976年に江戸川区内が最初ですので、近年の江戸川区内からの
お問合せや駆除依頼の多さには納得できます。
従来、日本国内で住宅を加害するシロアリは”ヤマトシロアリ”と”イエシロアリ”が主でした。
この2種類は、地下シロアリと言われ、給水源、つまり湿気を必要とし、また好み、高多湿な場所での
生息が通常でしたが、アメリカカンザイシロアリは人間が感じない程度の湿気、つまり乾燥した場所での
生息が可能な種類なので、住宅の床下だけではなく、天井裏や小屋組みなど比較的乾燥している場所の
柱などを加害してしまいす。
発見に至るきっかけは、お掃除をしているにもかかわらず、床や窓枠に木屑のようなものがパラパラと
落ちている事があるようです。
これが、実は砂粒状のアメリカカンザイシロアリの糞で天井裏などから落ちてきています。
一箇所でこのような症状があるお宅では住宅のあちらこちらに被害部位が確認されます。
それは、アメリカカンザイシロアリの少数での生活習性にとても関係があります。
有翅虫(ハネアリ)の群飛の期間も3月~11月くらいまでだらだらと続き被害は拡大するばかりなのです。
特に、江戸川区内や、中野区内、その周平地域の方は、被害があれば即対処はもちろんですが
侵入防止を踏まえた予防対策が必要です。


 

331e984f-s_49bf762dd4565.jpg
玄関土台です。ちょっとわかりずらいですが、土台の表面に糞の排出孔があります。
2b7b3214-s_49bf763576a2b.jpg
柱の表面の薄皮をめくってみると、そこは糞の山です。
f78c824c-s_49bf7631a03cf.jpg柱の角には上から落ちてきた分が山積しています。上に伸びている柱にも被害があります。


このようにアメリカカンザイシロアリは乾燥した木材を好んで生活し、木材内部を喰害しています。
明らかに土壌性のヤマトシロアリやイエシロアリとは習性が違います。