東京都のシロアリ施工日誌 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

20240210 東京都あきる野市秋川でのシロアリ予防工事、東京都羽村市神明台のシロアリ調査

東京都あきる野市秋川の2階建て住宅で、シロアリ予防工事を行いました。築12ねんのご住宅で、ハウスメーカー様のシロアリ保証が切れたためのご依頼です。床下に建築時の小さいビニール袋などがありましたが、シロアリ予防薬剤の散布のときに拾ってきました。作業は特に問題なく終了しました。次に東京都羽村市神明台の2階建て住宅でシロアリ調査でした。ご依頼者であるご主人が相見積もりであると、申し訳なさそうに言っておられましたが、弊社は相見積もりは当たり前と考えているので、問題はありませんとお伝えしました。被害は無くシロアリ予防のお見積書を提出してご検討していただきます。


ブログ記事の仕切りバー

20240118 東京都北区赤羽西での床下無料点検、東京都葛飾区お花茶屋でのシロアリ調査

今日の1件目は東京都北区赤羽西の2階建て住宅のシロアリ対策工事後の床下無料点検です。被害のあった住宅でしたので、被害箇所の入念な点検はもちろん、床下に新たな蟻道ができていないか点検しましたが、シロアリ被害の進行は無く、床下配管からの水漏れもありませんでした。2件目は東京都葛飾区お花茶屋の店舗兼住宅のシロアリ調査です。店舗側はすでに廃業されており、物置になっていました。そのためシロアリ被害の発見が遅れ、被害部位のトイレ入り口枠はドアの丁番が外れてしまう程の進行具合でした。住居側はシロアリの被害は無いものの、床下通気がとても悪く、床下だけでなく床板にもカビが発生していましたので、シロアリ駆除と床下防腐防カビ殺菌工事、床下湿気を遮るための、床下防湿シートの敷き込み工事をお勧めしました。


ブログ記事の仕切りバー

20240103 東京都江戸川区東小岩にてアメリカカンザイシロアリ駆除工事

今日は元旦にカンザイシロアリの調査で訪問いたしましたお客様の施工です。1階床下と2階天井に点検口(45×45㎝サイズ)の造作が必要でしたので、当社協力会社の大工さんとスタッフ2名で訪問致しました。お正月休み中に施工を終わらせて欲しいとの事でしたので、朝少し早めにスタートして、大工さんには2階の天井点検口から造作してもらい、私達は3階の小屋裏に進入して作業を開始しました、3階の屋根裏は大引きの上を渡って割とスムーズに進入出来、被害箇所周辺のドリルでの穿孔作業と薬剤注入作業に分かれて梁などの糞口周辺には念入りに薬剤穿孔注入処理を行い、それ以外の箇所にも丁寧に薬剤噴霧処理を行い、屋根裏全域の薬剤処理が完了してその後、2階の天井裏の薬剤噴霧処理、2階階段壁内薬剤穿孔注入処理、2階バルコニー壁内の薬剤穿孔注入処理の順番に1階への処理もほぼ同作業で、床下は最後に進入して被害状況確認すると、床下でのカンザイシロアリとヤマトシロアリの被害は無かったですが、予防を兼ねて薬剤処理を行い、夕方5時過ぎに作業が終了致しました。今後は定期点検で1年毎に訪問する予定となっております。

 

ブログ記事の仕切りバー

20240101 東京都江戸川区東小岩にてアメリカカンザイシロアリ調査

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。今日お伺いした、東京都江戸川区東小岩のお客様は昨年12月30日にご連絡頂いて、お正月休み中の調査出来れば施工がご希望のお客様で、2階のバルコニーにアメリカカンザイシロアリの糞を発見されて、昨年9月頃からどんどん増えて。今日訪問した際には手の平ぐらいのかたまりになっており、お客様が急に糞が増えたので心配されて調査ご依頼されました。3階建て住宅で、3階の小屋裏を調査すると梁下には糞が溜まっている個所を確認、その後1階ユニットバス天井点検口からも調査すると糞を確認、1階には床下点検口が無い為、洗面所に45×45㎝サイズ床下点検口の造作を含むお見積書をお急ぎでしたので現場で作成して、1月3日に施工して欲しいとのご依頼を頂きました。


ブログ記事の仕切りバー

20231216 神奈川県川崎市川崎区殿町と東京都大田区羽田でのシロアリ調査

午前に神奈川県川崎市川崎区殿町でのシロアリ調査です。年末に向けて家財の整理をしているときに、押し入れの中にシロアリの被害を見つけてのご依頼です。押し入れの中を拝見しましたが、中に段ボールに入った本類が食べられていたそうですが、押し入れの木材は表面だけの被害でした。床下に土埃が堆積していて、床下に入ると埃が舞い上がることが予想できたので、養生をしっかりしてから、床下の調査に入りました。押し入れの下には、シロアリの蟻道が数本上がっていて、動きは鈍いものの、シロアリが活動していました。シロアリ駆除と床下清掃のお見積りをご提案して、年内に施工となりました。午後も東京都大田区羽田でシロアリ調査です。こちらは築10年で、ハウスメーカーからのシロアリ保証の更新を勧められたものの、単価が高かったそうです。床下の状態はハウスメーカーの点検で分かっているそうなので、建築図面の面積でシロアリ予防のお見積りをご提案しました。

   

ブログ記事の仕切りバー

20231204 東京都武蔵野市吉祥寺本町と杉並区成田東での床下無料点検

12月に入って急に寒くなり、ついこの間まで半袖で過ごしていましたが、流石に寒い!と思って制服を長袖に長袖に替えました。今日は定期点検周りで3件訪問致します。午前中は東京都武蔵野市吉祥寺本町で、施工後1年目点検が2件、午後は東京都杉並区成田東の、施工後3年目点検が1件です。午前中は2件共に築浅(10年目未満)のお客様で床下はベタ基礎工法でシロアリ予防で施工していた為、異常は無く終了しました。午後の3年目点検は外壁からの水染みによるシロアリの被害が甚大なお客様でしたので、再発生していないか?念入りに点検して新たな兆候は無く、お客様も喜ばれ安心されていました。いつもそうですが、お客様が喜ばれている姿を見ると、「本当にこの仕事をやってて良かった」と感じます。


ブログ記事の仕切りバー

20231114 東京都国分寺市北町でのシロアリ対策工事後の床下無料点検、東京都東久留米市前沢でのシロアリ調査

午前に東京都国分寺市北町の2階建て住宅でのシロアリ対策工事後の床下無料点検に行きました。シロアリの被害があった洗面所にシロアリ被害の進行はなく、床下の蟻道は再建されていませんでした。配管からの水漏れもなく、異常ありません。午後は東京都東久留米市前沢の2階建て住宅でのシロアリ調査です。床が軋むようになり、床板が沈むところもありました。床下を見ることのできるところがなく、和室の畳下の床板を開口して床下の調査をしました。床板が沈む所の床下にシロアリの通り道の蟻道がありましたので、シロアリ駆除の見積りをご提案しました。


ブログ記事の仕切りバー

20231010 東京都小平市小川町と東京都東久留米市南沢で床下定期点検と、東京都西東京市泉町でシロアリ調査

今日は朝から小雨が降っており秋の訪れを肌で感じる気温です。午前中はシロアリ防除工事後の定期点検で2件訪問したしました。1件目は東京都小平市小川町の1年目の定期点検で築10年目のシロアリ予防工事をされており、昨年施工時に床下の虫の死骸や木屑等清掃しておりましたので、今年もきれいな状態を維持出来ておりました。2件目は東京都東久留米市南沢で3年目定期点検で訪問して、施工時に階段床下に食害がありましたが、点検時は被害の拡大も無く異常は無かったです。午後は東京都西東京市泉町のシロアリ予防工事希望のお客様宅を訪問しました。こちらは築5年目でハウスメーカーから更新御見積書を頂いて、料金のご相談も有って当社に調査をご依頼されていました。施工方法や料金の話も色々とご相談させて頂いて、御夫婦で当社をとても気に入って頂き、施工のご依頼を頂きました。


ブログ記事の仕切りバー

20230921 東京都杉並区高井戸西にてシロアリ駆除と防腐防カビ殺菌処理

今日のシロアリ駆除は、東京都杉並区高井戸西の2階建て住宅です。このご住宅は基礎の通気口が低い位置にあるため、最近のゲリラ豪雨のような大雨の時に水が床下に入り込んでしまうことがある住宅でした。近くの川が氾濫した時には、床下浸水にもあったそうです。床下浸水の時には、束柱の中ほどまで、水に浸かってしまいました。知り合いの工務店に、通気口前にコンクリートで堤を作ってもらったので、今は水は入らないようになっていました。今までの浸水と床下がやや低いために、カビが発生しており、防カビ殺菌処理も併せて行いました。

   

ブログ記事の仕切りバー

20230826 東京都練馬区石神井台での床下無料点検と、東京都三鷹市上連雀でのシロアリ駆除工事

1件目は東京都練馬区石神井台の2階建住宅でシロアリ対策工事後の3年目無料床下点検です。シロアリの再発はありませんが、ユニットバスの下に少量の水が溜まっていました。土台も濡れているので壁内に通る上水管か給湯器から来ている温水管のどちらかでしょう。床上にいる相棒に水道メーターを見てもらうと、回っていないとのことなので、温水管でしょう。ユニットバスにお湯を出してもらうと、温水管のフレキシブル継ぎ手から漏れ始めました。旦那さんに報告して修理の手配をしていただきます。2件目は東京都三鷹市上連雀でのシロアリ駆除です。現在空き家となっている物件で、所有者の方からご依頼がありました。床の張替え中にシロアリを発見したとのことでした。平面図を送って頂いたので、ダイレクト施工としてお伺いしました。現状を確認して、現場で作成したお見積りの内容に同意を頂いて、作業開始です。被害部位への薬剤穿孔注入を行い、交換する新しい建材へも薬剤を吹き付けて完了です。

 

トップへ