3月 | 2013 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

シロアリの寿命って・・・・?

こんにちは、施工管理部の山崎です。

先日、シロアリ駆除施工 した浦安市の住宅の被害についてご報告いたします。
外壁をはがしての駆除作業となったのですが、長年の雨漏りが原因で内壁部は、柱、間柱、ラス下地板

が見事にシロアリに食い尽くされた甚大な被害でした!!

作業中に、お客様が、「シロアリって我が家を何年間かけてこんな状況にしちゃったのかしら?」と素朴に

聞かれ、おそらく10年近いと思いますよとお答えはしたのですが、お客様が、へーじゃーシロアリってずい

ぶん長生きするのねーと・・・・ そうなんですよ! 

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ     (有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ
壁の中には、シロアリが運んできた蟻土でいっぱいです。 まるで餡子を詰めたような状態です。

シロアリは、昆虫の中でも珍しいほど寿命が長い事で知られているんです。


女王アリ、王アリの寿命は10~10数年にも及ぶと言われていますし、職アリ、兵アリの寿命も


年といわれているんです。女王アリは1日に数百個の卵を産むので、その数たるやら、想像を絶し


ますよね。 今回の被害のように、シロアリにとって給水元の雨漏り、そし住宅(餌)と条件がそろ


えば、つまり被害は10年以上続くこともあるわけです。 


恐るべし生き物ですよ!!  


こうなる前に!! 


お問合わせは 0120-30-6418 までご遠慮なくどうぞ!!

 

  シロアリ・ネズミ駆除専門 (株)サンキョークリーンンサービス   



ブログ記事の仕切りバー

ネズミの侵入経路!! 屋根に原因がありました。

世話になります。 工事部の佐藤です。

川崎市で、何回かネズミ駆除工事に伺っていた現場です。処理をしても数週間で別の部屋から

新たな被害報告があり、それの繰り返しの現場でした。外壁、基礎周辺、配管導入口等、

ネズミの侵入経路を徹底的に封鎖し残りは屋根が怪しいと着目していましたが・・・・・。

家主様の許可をとり、点検してみると・・・・・・・。

高所作業の屋根の点検や、作業はそれなりのベテランでなければ、会社で許可が下りません。

それは、ただ高所が平気というだけでは駄目です。難易度が高い遮断作業には、安全第一と、

正確な状況判断が求められます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

実際の屋根の上は、見晴らしもよく爽快ですが、慣れないうちはかなりの恐怖です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

やはり、想定していたとおり、思わぬところにネズミの侵入経路を発見しました。


(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

この侵入経路を特定するにいたるまでが大変なんです。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

金網や、防鼠資材で侵入経路を封鎖し、作業終了です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

年悩まされていた、ネズミの症状には、必ず原因があります。

まさか、こんなところからって場所からの侵入も珍しくないのです。

ネズミにお困りのお客様はまず専門業者の当社へご相談ください!!

お問合わせは  0120-30-6418 までご遠慮なくどうぞ!!

  シロアリ・ネズミ駆除専門 (株)サンキョークリーンンサービス  


ブログ記事の仕切りバー

床下の湿気に悩まされていた住宅のご相談です。

こんにちは。 工事部の安岡です。

横浜市の住宅で、以前から押入れや洗面所の床にカビの発生があり、

困っていたと相談がありました。

調査してみると、シロアリの被害 の他に、床下全体がとても湿っぽく、土壌湿度も高めで、

カビが目立ちました。

シロアリの発生は、この環境が原因で、築20年以上で一度も床下には手を入れていないとの

ことで、お客様は今後の住宅保全のためと大改善です。

今回の工事は、シロアリ駆除工事 と、防腐・防カビ工事 、その後床下土間への防湿シートの敷込みと

調湿材の散布です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

シロアリ消毒と防腐・防カビ消毒で、まず床下全体を綺麗に仕上げます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

その後、床下専用の防湿シートを全体に敷込み、ずれないようにピンで固定していきます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

湿度が高いため、床板が含水し床上にきしみがある部位には、下から補強の柱をあてがい

くさびで調整し、きしみを修繕しました。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ
仕上げは、調湿材の散布です。 
(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

シロアリが侵入できないように、束石の上にも調湿材をのせ、これで床下の湿気対策と

シロアリ対策は、万全です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

今回の工事で、お客様も長年悩まされていた、押入れや洗面所のカビ、和室の湿っぽさが

改善されます。 過去のケースでも、施工後の定期点検に伺うと、皆さん一様に湿気から

開放されてよかったと、喜んでおられます。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリの寿命って・・・・?

こんにちは、施工管理部の山崎です。

先日、シロアリ駆除施工 した浦安市の住宅の被害についてご報告いたします。
外壁をはがしての駆除作業となったのですが、長年の雨漏りが原因で内壁部は、柱、間柱、ラス下地板

が見事にシロアリに食い尽くされた甚大な被害でした!!

作業中に、お客様が、「シロアリって我が家を何年間かけてこんな状況にしちゃったのかしら?」と素朴に

聞かれ、おそらく10年近いと思いますよとお答えはしたのですが、お客様が、へーじゃーシロアリってずい

ぶん長生きするのねーと・・・・ そうなんですよ! 

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ     (有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ
壁の中には、シロアリが運んできた蟻土でいっぱいです。 まるで餡子を詰めたような状態です。

シロアリは、昆虫の中でも珍しいほど寿命が長い事で知られているんです。


女王アリ、王アリの寿命は10~10数年にも及ぶと言われていますし、職アリ、兵アリの寿命も


年といわれているんです。女王アリは1日に数百個の卵を産むので、その数たるやら、想像を絶し


ますよね。 今回の被害のように、シロアリにとって給水元の雨漏り、そし住宅(餌)と条件がそろ


えば、つまり被害は10年以上続くこともあるわけです。 


恐るべし生き物ですよ!!  


こうなる前に!! 


お問合わせは 0120-30-6418 までご遠慮なくどうぞ!!

 

  シロアリ・ネズミ駆除専門 (株)サンキョークリーンンサービス   



ブログ記事の仕切りバー

ネズミの侵入経路!! 屋根に原因がありました。

世話になります。 工事部の佐藤です。

川崎市で、何回かネズミ駆除工事に伺っていた現場です。処理をしても数週間で別の部屋から

新たな被害報告があり、それの繰り返しの現場でした。外壁、基礎周辺、配管導入口等、

ネズミの侵入経路を徹底的に封鎖し残りは屋根が怪しいと着目していましたが・・・・・。

家主様の許可をとり、点検してみると・・・・・・・。

高所作業の屋根の点検や、作業はそれなりのベテランでなければ、会社で許可が下りません。

それは、ただ高所が平気というだけでは駄目です。難易度が高い遮断作業には、安全第一と、

正確な状況判断が求められます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

実際の屋根の上は、見晴らしもよく爽快ですが、慣れないうちはかなりの恐怖です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

やはり、想定していたとおり、思わぬところにネズミの侵入経路を発見しました。


(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

この侵入経路を特定するにいたるまでが大変なんです。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

金網や、防鼠資材で侵入経路を封鎖し、作業終了です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

年悩まされていた、ネズミの症状には、必ず原因があります。

まさか、こんなところからって場所からの侵入も珍しくないのです。

ネズミにお困りのお客様はまず専門業者の当社へご相談ください!!

お問合わせは  0120-30-6418 までご遠慮なくどうぞ!!

  シロアリ・ネズミ駆除専門 (株)サンキョークリーンンサービス  


ブログ記事の仕切りバー

床下の湿気に悩まされていた住宅のご相談です。

こんにちは。 工事部の安岡です。

横浜市の住宅で、以前から押入れや洗面所の床にカビの発生があり、

困っていたと相談がありました。

調査してみると、シロアリの被害 の他に、床下全体がとても湿っぽく、土壌湿度も高めで、

カビが目立ちました。

シロアリの発生は、この環境が原因で、築20年以上で一度も床下には手を入れていないとの

ことで、お客様は今後の住宅保全のためと大改善です。

今回の工事は、シロアリ駆除工事 と、防腐・防カビ工事 、その後床下土間への防湿シートの敷込みと

調湿材の散布です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

シロアリ消毒と防腐・防カビ消毒で、まず床下全体を綺麗に仕上げます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

その後、床下専用の防湿シートを全体に敷込み、ずれないようにピンで固定していきます。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

湿度が高いため、床板が含水し床上にきしみがある部位には、下から補強の柱をあてがい

くさびで調整し、きしみを修繕しました。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ
仕上げは、調湿材の散布です。 
(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

シロアリが侵入できないように、束石の上にも調湿材をのせ、これで床下の湿気対策と

シロアリ対策は、万全です。

(有)サンキョークリーンサービスのスタッフの活動ブログ

今回の工事で、お客様も長年悩まされていた、押入れや洗面所のカビ、和室の湿っぽさが

改善されます。 過去のケースでも、施工後の定期点検に伺うと、皆さん一様に湿気から

開放されてよかったと、喜んでおられます。