調査 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

東京都江戸川区の飲食店でねずみ調査

12月も後半になると、クリスマスや年越しの準備で世間が忙しくなり師走らしくなりますね。
その中でも特に忙しい業界といえば、忘年会等で使われる飲食業界の方々です。

本日は飲食店を営んでいるオーナー様から、店舗の天井裏で物音が聞こえるようになったとの依頼です。
RIMG0105 - blog

さっそく調査開始です。

RIMG0106

お店入り口は問題なく、次は階段の裏側の部分を見ていきます。

外壁との結合部分のわずかなスキマからもネズミは入っていきますので、注意して見ることが大事です。

RIMG0109
次は、弊社のねずみブログ愛読者の方でしたらお馴染みの換気扇外回りのチェックです。

遠目からライトを当てて見たときは、カバーもキレイな印象を受けますが、実際に近くで念入りにチェックを開始すると、どこか違和感を感じました。

こちらをチェックしていると、オーナー様から「真裏にも同じ換気扇がある」と伝えられたので、さっそく見にいくことにしました。
RIMG0110
すると、先程の換気扇と違い、カバーもなく壁内へと通じる大きなスキマを発見しました。

オーナー様に「いつからこのような状態ですか?」と訊いてみたところ、今年の春先頃には確実にこの状態だったとのことです。

ねずみは暖かくなる春先から秋口までは、餌を求めて屋外での行動が活発になります。そのため、その時期はあまりねずみ被害が発生することがありません。しかし、冬になりますと、寒さをしのぐために家屋、建物へと侵入をするようになります。そこでスキマがある家屋、建物が狙われることとなります。

この換気扇の状態から察するに、最初に見た換気扇もコーキングで固着してあるカバーを取り外してみたらスキマがある可能性が大です。カバーを当てていても真ん中のスキマからネズミに入られるといったケースもあります。

RIMG0116
もう一つは、配電管周りとブレーカーカバーのチェックです。こちらも古くなっており下穴にスキマが空いておりますが、外壁から内へと通じるスキマはなくこちらは問題ありませんでした。

一通りのチェックが終わり、その場でお見積り書を作成し建物のオーナー様へとお渡しをしました。
これにて、調査は終了です。

今後、依頼が来ましたら、プロの技術力でしっかりとネズミを止めようと思います。


ブログ記事の仕切りバー

ねずみの侵入口あれこれ

いつもお世話になっております。
㈱サンキョークリーンサービスの鈴木です。
家屋へのねずみの侵入箇所で多いのは、基礎の通気口や配管導入口なのですが、今日は意外な箇所からの、ねずみの侵入箇所をご紹介いたします。
まずはココ、基礎沿いのコンクリートのそばの地面に穴が開いています。
RIMG0077_20150223231606d79.jpg
もともとは汲み取り式トイレの浄化槽があった場所です。
RIMG0078_20150223231710219.jpg
今は水洗トイレにリフォームしているので、この下には下水管を通しています。
その、配管沿いをねずみは掘り進んで床下へ出入りするので、地面に穴があいているのです。
一般の方では、これがねずみの仕業とは思いませんよね。
次は屋根の侵入箇所です。
RIMG0063_20150224003008103.jpg
このように屋根の重なっているところは、隙間があることが多くねずみの出入り口になることがあります。
雨風は入りませんが、天井裏から見たときに外の光が差し込んでいるところは要注意です。
そのほか、リフォームの伴ってガス管や水道管を取り替えたりしたときにできてしまう侵入箇所があります。
RIMG0058_20150223233231e1e.jpg
現在は使用してない配管導入口です、ねずみが簡単に侵入出来てしまいます。
これらの侵入箇所はなかなか発見しづらい箇所ですし、発見したからといってすぐに穴を塞いでしまうのは、ねずみが天井裏や壁の中で死んでしまう危険があります。
家屋に入ってきた穴が塞がれてしまったねずみは、食べ物を得ることができなくなるのですから、家屋どこかで餓死することになってしまいます。
ご自分で侵入箇所を塞ぐときは、このことにご注意ください。
私たちはそうならない様にプロフェッショナルとしての施工を行っているので安心です。
シロアリ・ねずみ・害虫に困ったら、いつでもご連絡下さい。
㈱サンキョークリーンサービス
℡ 0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

ネズミ調査の様子

立春を過ぎて暦の上では春となりましたが、まだまだ寒い日が続きます。

ネズミ調査のご依頼も多くいただいております。

今回ご紹介するのは、東京都荒川区の戸建て住宅のネズミ調査の様子です。

あまり頻繁ではないが、ネズミが出ており、床下から来ているのではとのことでした。

RIMG0058.JPG
床下の点検口を開けると、大量のネズミのフンがありました。
たしかに床下から来ているようです。

RIMG0062.JPG
分かりにくいかもしれませんが、ネズミが掘ったと思われる穴があります。

RIMG0064.JPG
床下をのぞくと至る所にネズミのフンが散乱しています。

RIMG0075.JPG
外周の調査です。隣と近接しています。

RIMG0084.JPG RIMG0086.JPG
各所に侵入口と思われる穴を発見しました。

RIMG0090.JPG
こんな穴もありました。

RIMG0053.JPG
浴室上の点検口から天井をのぞきました。ネズミのフンがありました。天井裏にも行き来しているようです。

メールでお見積りをし、後日、お客様から施工依頼を頂きました。

しっかりとネズミを止めようと思います。


ブログ記事の仕切りバー

床下のネズミの侵入経路の調査

お世話になります。施工管理部の前田です。
当社のネズミ調査においては、まず一番重要視しているのが、
外部から建物内への侵入経路の調査です。
建物外側からの調査は勿論ですが、床下にも進入して調査も行います。
今回は床下の侵入経路の調査方法をご紹介したいと思います。
今回は台所収納庫より、床下進入しますので、ほこり等で汚れないように厳重に収納庫廻りを養生します。
20150202-1
養生は進入経路を取り囲むように行ないます。
20150202-2
養生が出来上がりの状態です。これでほこり等は外部にはもれません。
20150202-3
早速床下に進入して調査の開始です。
20150202-4
床下にずんずん進入して、ネズミの侵入経路である鼠穴等がないか
探していきます。
20150202-5
あれ、台所の配管廻りに怪しい穴がありました。
20150202-6
近くに行って覗きこむと、配管と基礎沿いにはっきりと鼠穴が
ありました。
20150202-7
さらによく調べると配管廻りの柔らかい土を掘って布基礎の外側へつながっていました。
建物の外観を調べても侵入経路は全く無かったのですが、
床下を調査すると案外鼠穴が有る場合があります。
あー見つかって良かったです。
20150202-8
ねずみ・シロアリ・害虫にお困りなら!!
(株)サンキョークリーンサービスへお気軽にご相談ください。
TEL0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

新年早々過激なねずみ駆除現場

こんにちは工事部の前田純希です。
僕の今年の仕事始めはまだお正月のお屠蘇気分も冷めない5日からでした。
この現場はかなり過激なネズミの被害症状でハウスビルダー様からの御依頼です。
ビルの持ち主のオーナー様がお年を召しご商売をやめて倉庫状態だった建物を
この度思い切って改装して賃貸にする事になりリフォームに入る事になったようです。
その前に荷物の整理と不用品の処分をする事になり、この段階で室内がネズミの被害で
とんでも無い事になっている事に気づき、これでは職人さん達も安心して仕事が出来ないと
急遽当社に駆除依頼が来たわけです。
建物は数年間無人状態だったらしく、調査の段階からおびただしい数の糞や足跡、営巣らしき部位の
多さで、駆除作業はかなり手こずるだろうと予想していましたが、初回から粘着シートへネズミが捕獲
される数の多さに久々にびっくりでっす。
とてもリアルすぎてこの記事では捕獲されたネズミ達をご紹介できませんがその数は10匹、20匹じゃ
とんでも無い訳でして、100匹近い数です。
数年前に埼玉県の某地域で集中して行った飼糧工場の現場を思い出しました。
このビルはオーナー様が数年間倉庫として利用していた間、夜間無人になるのをいい事に、ネズミ達は好き放題
やっていたことが想像つきます。
それにしても過激な現場だ!!
写真は調査時の様子です。 室内はもちろんですが、屋上からもネズミの進入経路を特定していきました。

この物件はもともと水産加工場兼住居として使用していたようです。
RIMG0031_201501141550139d1.jpg
まずは外観から建物の全体像を把握しています。
RIMG0028_20150114155011621.jpg
倉庫の中の荷物にはラットサインと糞の山です。
RIMG0053_20150114155341b5a.jpg
住居部分もネズミ達が我が物顔で好き放題です。
RIMG0094_20150114155751abb.jpg
家財道具もほとんどそのまま放置ですから、これじゃーネズミ達も大喜びですね。
RIMG0096_20150114155753c23.jpg
オーナー様も余りの惨状に呆然とされていました。
RIMG0076_2015011415534320e.jpg
大小さまざまな大きさの糞が至る所に!!
RIMG0055_20150114155343a91.jpg
室何の調査の後は屋上から外部の調査です。
RIMG0131.jpg
ビルダー様、オーナー様、当社担当と順番に手摺から下を見下ろしています。
RIMG0116.jpg
手摺は老朽化して壊れそうなのであまり無理しないで下さいとお願いしましたが・・・・これかなり危ないです!!
RIMG0121.jpg
しかし、思い出すだけで過激な現場だ! 
ぜひ皆様に駆除作業の様子を紹介したい衝動に駆られていますが、
現実をご紹介するにはかなりの勇気が必要なので、
次回皆さんの気分がめいらない程度にご紹介させて頂くとします。
ねずみ・シロアリ・害虫にお困りなら!!
(株)サンキョークリーンサービスへお気軽にご相談ください。
TEL0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

ネズミとハクビシン

お世話になっております。
㈱サンキョークリーンサービスの小森です。
作業着の中にヒートテックが必須になってきている今日この頃。
人間が寒いってことは、ネズミやハクビシンも寒いので住宅に
侵入するケースが多発しています。
ネズミ調査でお伺いして糞だまりがあり、実はハクビシンの被害でした。
というお宅が増えていて、最近では都内にも出没しているので、周りに自然が
ないから安心なんてことはないのです。
簡単な比較を掲示しておきます。
*ネズミに比べると、圧倒的に足音が大きい。
*糞尿は基本一ヶ所でするので、酷い時は染みや臭いがする。
*雨どいやベランダの手すりなどに、猫みたいな足跡がある。
*参考画像*(お食事中の方などは閲覧注意)
梁に猫みたいな足跡があります。
20150112-4.jpg
左がハクビシンの糞だまり    右がネズミの糞
20150112-2.jpg  20150112.jpg
天井の音や染みが気になったら、お電話下さい。
まずは安心の点検から!
㈱サンキョークリーンサービス
℡ 0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

ねずみのラットサインって

今回ご紹介するのは、豊島区の一戸建て住宅のネズミ調査の写真です。

ネズミの調査では、まずネズミが住宅に侵入してくる経路を探すことが先決です。

ネズミの侵入経路にある足跡やかじった跡、黒く汚れた跡のことをラットサインと言います。

このラットサインを手掛かりにして、ネズミの侵入経路を特定し、駆除の方法を検討します。

RIMG0003.JPG
雨どいにネズミの足跡を発見。

RIMG0004.JPG RIMG0005.JPG

RIMG0006.JPG RIMG0011.JPG
雨どいを伝って屋根から屋根裏に侵入したと思われます。

RIMG0015.JPG RIMG0017.JPG
屋根裏に糞の被害はほとんどありませんでした。断熱材が少しかじられていました。

RIMG0022.JPG
長押の内側にたくさんのラットサインを発見しました。

RIMG0024.JPG
ネズミの侵入経路は、屋根裏から壁を伝って長押などから室内に侵入したものと判定し、駆除の方法を提案しました。

ネズミは同じ経路を行き来する習性があります。
ですのでラットサインを見つけられれば、より正確で確実なネズミ駆除につながると思います。


ブログ記事の仕切りバー

ネズミ駆除 軽やかな身のこなし

千葉市緑区で行ったネズミ駆除の様子をご紹介します。

RIMG0107.JPG
まずは床下に薬剤と粘着シートを設置します。

RIMG0106.JPG
次は天井です。点検口があって便利です。
でも、どこにでも点検口がある訳ではありません。そんな時は・・えいっ

RIMG0104.JPG RIMG0105.JPG
軽い身のこなしで押入れの天袋に登って点検です。

RIMG0111.JPG
さすが、ベテランの鈴木氏。手慣れたものです。

RIMG0115.JPG
天井に薬剤と粘着シートを設置しました。
ネズミはいきなり居住空間に現れることはまれで、床下や天井裏から被害が拡がっていきます。

そのため駆除作業では、普段は入る事のない床下や天井裏にも入って行かなくてはなりません。
なので自然とこういう身のこなしにならなくてはなりません。

安全に気を付けて、明日も作業します。


ブログ記事の仕切りバー

ネズミ調査 内部への侵入経路

ネズミが外部から侵入した場合、壁や天井などを走りまわる音で気付かれる方が多いと思います。

それだけでしたら居住空間へ直接の被害はありませんが、少しでも入り込める穴があれば、ネズミはそこから居住空間へも侵入してきます。

今回は主なネズミの侵入経路をご紹介します。 

RIMG0063.JPG
玄関の上り框(上り口にある化粧材)の下を写したものです。

RIMG0069.JPG
手を入れてみると空間がありました。

RIMG0067.JPG
キッチンの隅に穴を見つけました。

RIMG0085.JPG
天袋(押入れ上部の天井に接する戸棚)の天井部分にすきまを発見しました。

RIMG0032.JPG
配管と天井との間にすき間があります。エアコンの配管と壁との間からの侵入も多く見られます。

RIMG0062.JPG
長押(なげし※建具などの上部にある柱と柱をつなぐ横材)と壁の間にすき間を発見しました。

RIMG0096.JPG
ブレーカー。すき間があります。

居住空間への侵入が確認されましたら、早急の対処が必要です。


ブログ記事の仕切りバー

ネズミ調査 外部からの侵入経路

ネズミは思いもよらぬ小さな穴からでも建物に侵入します。

今回は、外部からの侵入経路で多くみられる例をご紹介します。

調査では、まずこのような所に注目し、ほかに原因がないか探していきます。

RIMG0074.JPG

 

 

 

 

 

 

 
通風口にすきまが開いています。

RIMG0174.JPG

 

 

 

 

 
ネズミが穴を開け、床下に侵入していると疑われます。

RIMG0099.JPG

 

 

 

 

 

 
配管と壁の間にすきまがあります。

RIMG0159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 
配管の貫通口からも侵入しています。

RIMG0027.JPG

 

 

 

 

 
基礎と壁の間にすきまがあります。

RIMG0050.JPG

 

 

 

 

戸袋から侵入する例も多く見られます。