床下の様子 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

この時期に家屋内の湿気やカビ臭がしませんか?原因は床下にあるかもしれません。

(株)サンキョークリーンサービスの大滝です。
6月に入ると羽アリの時期からは少しだけ落ち着いてきますが、まだまだ土中の中のシロアリは活発に活動しています。

そんな中、この季節に住宅環境で気になることといえば家屋内の湿気やカビ臭の発生です。
梅雨が近づくと、台所の換気扇を長く回したり、エアコンや除湿器一日中付けっぱなしするご家庭も多いかと思います。
そんな毎年悩まされている家の湿気、原因は床下にあるかもしれません。

床下に湿気やカビが多くなると、こんなことになるかもしれません。


床下にキノコが誕生してきます。

 


大人の手のひらサイズまで成長しています。

このような床下にキノコの発生まではなくても、
カビの多い床下のケースとしてこんな状態があります。

 

白い部分が全てカビが発生しているところです。

 

手前が土を少し掘った状態です。土の色がハッキリとしてます。
これが本来のカビのない状態となります。

これらの床下のカビは、木材の保全状態にとっても良くないのはもちろん、
そこで生活している人への健康面からもあまり良い状態とはいえません。

 

シロアリ消毒の際に同時にカビ消毒をするのがまず一番です。

しかし、それだけでは今あるカビの胞子は死滅しても、今後の湿気・カビ対策には無力です。

 

そこで湿気・カビ対策に有効なのが、床下用の防腐・防カビシートの敷設です。

 

床下の土を全て覆うように全面にシートを敷設いたします。

 

さらにその上に床下用調湿材を敷設いたします。

 

床上から見た様子です。

湿気対策工事をしたその日からカビの臭いなどがしなくなってきます。

 

床下がコンクリートの家で湿気が多く見られるときは、
床下用木炭マットの敷設が効果的です。

 

こちらが敷設後です。

カビはダニや花粉と同じでアレルギーになる原因の一つ

湿気やカビは早めに対策をすると、その後はとても快適に暮らすことができます。

床下に関することでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

東京都豊島区駒込にてシロアリ消毒と床下清掃をしました。

サンキョークリーンサービスの大滝です。

3月初旬はまだまだ寒いので春が待ち遠しいです。

本日は、東京都豊島区駒込にてシロアリ消毒と床下清掃をしました。

最近の家の床下は、地盤の土が分かる布基礎からベタ基礎が主流になっています。

耐震面や湿気・カビ、シロアリ予防の観点からもおススメです。

一方で、築浅のベタ基礎における家の床下には「床下清掃」という作業をする機会が増えてきました。

 

ずばり、床下清掃中の写真です。

 

外周に近い基礎周りを中心に清掃作業をしていきます。

 

こちらが集めてきた床下ゴミの一部です。

床下のゴミは主に外部から基礎パッキン越しに入り込んできたチリ・ホコリが主流ですが、

築年数が新しい家ですと、建築時の廃材やPPバンド、大工道具、果ては空き缶というのもあったりします。

 

こちらが床下清掃後です。

ならされた土間コン床下がカメラのフラッシュでキレイに輝いています。

 

後は、しっかりと床下消毒をします。

これで、本日のシロアリ防除作業は終了となりました。

狭くて低いところでの清掃作業というのは、思いのほか大変ですが、

やった所からゴミが取り除かれてキレイになるのはやりがいのある仕事です。

 

 


ブログ記事の仕切りバー

桜も散りいよいよ暖かくなってきました。

お世話になっております。
㈱サンキョークリーンサービスの小森と申します。

暖かくなってきて、虫も動き出す季節。
これからさらに暖かくなると、シロアリの活動も活発になります。

そうなると私たちも総出でシロアリを退治しにいく繁忙期に突入するわけです。
床下はあまり関心を持たれないのが現実ですが、日本家屋は木を使っている住宅が多いのも現実。

そうなると、新築時の消毒だけで何年も放置している方いませんか?
建物も人間と同じです。
足元が丈夫であれば、長く元気でいられます。
その為には、定期的な床下の点検や消毒が必要不可欠なのです。

今からでも遅くはありません!
一度調査をしてみてはいかがでしょうか?

PoliBg01 PoliBg02

 

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

 シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の
(株)サンキョークリーンサービスへ 

 


ブログ記事の仕切りバー

意外と気にしない 床下の状況

いつもお世話になっております。施工管理部の鈴木です。
今回は床下のゴミのお話です。
ゴミと言っても様々でして建築時の残材(木片)や基礎通風口より入ってくる落ち葉等がシロアリを誘発する事やさまざまな虫の隠れ場所にもなりますし、腐朽してカビの温床にもなります。
ゴミのない きれいな状態にしてから床下消毒した方が良いです。
RIMG0029_2015041022033844b.jpg
床下にて建築時の残材を発見 角材は腐りボロボロで麩菓子の様に柔らかかったです。

RIMG0030_201504102203403ef.jpg
この角材は裏を見てみるとシロアリ食害の跡があり被害は現在進行形でこの床下は要消毒です。

RIMG0130.jpg
残材の回収中です、床下全面にありましたので、かなりの時間が掛かりました。

RIMG0132_201504102203421fd.jpg
こんなに沢山ありました、残材が餌木となりシロアリを呼んでしまいます。
たかがゴミと侮ってはいけません、消毒前には残材(ゴミ)回収をすることが大事です。
シロアリ・ねずみ・害虫に困ったら、いつでもご連絡下さい。
㈱サンキョークリーンサービス
℡ 0120-30-6418


ブログ記事の仕切りバー

シロアリとカビの消毒

桜が散って春本番と行きたいところですが、今週は天候がすぐれず気温も上がりませんでした。

三寒四温といいますから、少しずつ暖かくなっていくのでしょう。

今回ご紹介するのは、東京都練馬区の戸建て住宅でのシロアリとカビの消毒工事の様子です。

RIMG0020.JPG
いつものようにしっかりと養生をして作業開始です。
今回、床下への進入口はキッチンの床下収納からとなります。

RIMG0022.JPG
カビの被害もあったので防カビ剤も使います。

RIMG0032.JPG
玄関部分の消毒の様子です。

RIMG0036.JPG RIMG0039.JPG

お風呂場はユニットバスです。周りの木部は点検口から吹付けて消毒します。

RIMG0051.JPG
床下消毒の様子です。床下の土がカビで白くなっているのが分かります。

RIMG0047.JPG
木部もカビで白くなっています。しっかり消毒します。

RIMG0057.JPG
床下清掃の様子です。小さな木片などが落ちていたので回収しました。

RIMG0059.JPG
これだけ回収しました。

シロアリとカビに直接の因果関係があるわけではありませんが、どちらも湿気を好み、放っておけば木部を侵食、腐朽させ大切な住宅の基礎を弱らせます。どちらも気付いたら早めの対処をお勧めします。


ブログ記事の仕切りバー

集合住宅でのシロアリ駆除

まだ寒い日が続きますが、スギ花粉が少しづつ飛び始めています。

あまりうれしくないですが、これも春を知らせるサインなのでしょう。

今回ご紹介するのは、千葉市稲毛区のアパートのシロアリ消毒の様子です。

RIMG0012.JPG
空き室があったので、こちらの床下点検口から床下にもぐります。
下はつながっているので、ここから進入して床下消毒します。

RIMG0048.JPG RIMG0051.JPG

床下の様子。残材がかなり多かったため、床下清掃しました。

RIMG0054.JPG
こんな大きな木材もありました。

RIMG0057.JPG
シロアリの被害がありました。シロアリが見えます。

RIMG0061.JPG
清掃して出たゴミです。

RIMG0073.JPG
シロアリ消毒の様子。被害部は特に念入りに消毒します。

RIMG0088.JPG RIMG0162.JPG

床下では、こんな姿勢で這いながら進んでいき消毒します。

RIMG0115.JPG
ここにもシロアリ被害がありました。入念な消毒が必要です。

RIMG0022.JPG
外壁のコンクリート処理の様子です。薬を注入していきます。

RIMG0031.JPG RIMG0044.JPG

各部屋の玄関部分の柱に薬を注入していきます。

集合住宅での消毒は、一般的な戸建ての住宅に比べ面積が広いため施工に手間がかかります。

玄関などのコンクリート処理も複数回行わなくてはいけないので、見落としのないように注意しながら施工しました。


ブログ記事の仕切りバー

低くて狭い床下のシロアリ消毒工事

朝晩すっかり冷え込むようになりました。

乾燥してのども痛めやすいのでご自愛ください。

今回ご紹介するのは埼玉県越谷市でのシロアリ消毒の様子です。

RIMG0032.JPG いつものようにしっかり養生をします。床下への経路は和室の畳を上げて、床板をはずしてもぐることになりました。

RIMG0058.JPG 床下清掃の様子です。写真を見れば分かりますが、床下の高さが非常に低いです。断熱材も下に垂れてきていて余計に低く感じます。

RIMG0059.JPG きれいに清掃できました。

RIMG0064.JPG 早速消毒開始です。木部処理の様子です。

RIMG0077.JPG 狭いところでも見逃さないようにしっかりと消毒します。土壌処理の様子です。

RIMG0087.JPG こちらも床下が低いです。

今回はベテランの佐藤さんがもぐって消毒しました。低い床下の場合もぐれる人が限られますので、頼りになります。

このように低い床下でなくとも、どの床下ももぐって床を這っていかなくてはなりません。

狭い基礎の間を通って抜けられなくなりそうになることや、コンクリートや木材などの建築廃材(ガラ)の散乱している床下にもぐったりしなくてはならないこともあります。

簡単な床下というのはなかなかありませんが、家を支える大事な基礎部分である床下ですので、しっかり消毒しようと日々頑張っています。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリの蟻道と床下のゴミ

ようやく秋らしくなり、行楽シーズンの到来。
せっかくの3連休ですが、2週連続での台風が近づいています。

くれぐれもお気を付け下さい。

今回ご紹介するのは、埼玉県越谷市での木造戸建て住宅のシロアリ駆除工事の様子です。

RIMG0028.JPG RIMG0038.JPG

まず、玄関廻り 浴室廻りなど、床下から薬剤処理できない部分に薬剤を注入します。
浴室のドア枠にシロアリの喰害がありましたので、念入りに消毒します。
そしてメインの床下にもぐります。

RIMG0062.JPG RIMG0065.JPG

いきなり床下に残材の山。大きな角材も残されています。
当然ともいえますが、こちらもシロアリの被害にあっています。
シロアリにえさを与えているようなものですね。そして、なつかしいデザインの空き缶。
こちらの住宅を建てた時に残されたものでしょうか。

RIMG0054.JPG
床下にはたくさんの蟻道がありました。

RIMG0057.JPG RIMG0058.JPG

その一部を壊してみると、中からシロアリが現れました。
蟻道とは、光や乾燥を嫌うシロアリが、外気に触れずに移動するために土などで作るトンネルのようなものです。この蟻道をのばしながら、地中から家屋の柱などに到達して被害を及ぼすのです。

RIMG0074.JPG RIMG0075.JPG
日本に多いヤマトシロアリの活動好適温度は12~30℃と言われています。

蟻道の中は外気の影響が少なく、涼しくなってきたこの秋口だけでなく、冬場でも活動していると考えられます。

床下の蟻道は調査をしなくては見つけにくいのですが、外周廻りなどにも蟻道は作られますので、たまに注意して見回って見るのも良いと思います。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリ消毒と床下清掃

 

最近伺った千葉県印旛郡でのシロアリ消毒の様子をご紹介します。

R0011872.JPG R0011875.JPG 

しっかりと養生をしてから作業を開始します。

R0011926.JPG
床下にもぐるとたくさんの残材がありました。
まずは床下清掃からです。

R0011928.JPG
床下に置き去りにされた??べニア板。
湿気でブカブカしカビがひどいので綺麗に撤去しました。

R0011925.JPG
そしてほうきでゴミを穿き集めます。

R0011943.JPG
これできれいになりました。
作業前準備完了です!!

R0011922.JPG
木部への消毒の様子です。

R0011933.JPG
こちらは土壌処理の消毒の様子です。

R0011889.JPG
床下からは消毒できない玄関部分に薬品を注入します。

R0011886.JPG
壁面への薬品注入の様子です。

床下清掃で多少苦戦し、通常より時間がかかりましたが、無事作業終了しました。

 


ブログ記事の仕切りバー

シロアリ消毒工事と床下清掃

お世話になっております。

㈱サンキョークリーンサービスの小森です。

今回の施工は人通口(人が通れる穴)が20㎝しかない

お宅の消毒と清掃でした。

まずは床下に、ほうきとちりとりを持って入り

その後に消毒して水周りに調湿材を敷くという工程でした。

人通口が狭いと普通の家の倍の時間がかかります。

とはいえ、無事に完工させて頂きました。

綺麗になった床下に薬も散布して、部分的に湿気対策も

したので、お客様にも安心してもらえました。

*施工の参考画像*

床下清掃・床下消毒・調湿材敷き込み

20140624-3.jpg20140624-4.jpg

20140624-5.jpg

20140624-6.jpg

20140624-7.jpg

20140624-8.jpg