5月 | 2007 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

床下木部処理

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさにシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理

 

 

P5190018

 

 リビング床下の束柱への吹付け処理

 

 

P7070012_1

 

 床下土台への吹付け処理

 

 

 


ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリ消毒工事の床下木部処理です。

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。


自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさ


にシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理



P5190018


 リビング床下の束柱への吹付け処理

 


P7070012_1


 床下土台への吹付け処理



 



ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被


害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下


や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので


要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー ブログ記事の仕切りバー

作業前準備 1

f8cecab1.JPG
シロアリ防除工事は1F床下を基本に薬剤処理を行います。床下へ作業員がもぐりこんでの作業になりますので、作業中に施工スタッフが地上への出入り時などに室内が汚れないように厳重な養生を行います。同時にホコリなども出ないように注意しながら作業を進めます。


ブログ記事の仕切りバー

ハネアリ発生

ヤマトシロアリのハネアリは毎年ゴールデンウィーク前後の雨上がりの日中、湿度が高く気温がグングン上昇した時に一斉に群飛します。今年の一番のお問い合わせは4月12日でした。暖冬のせいもあり成長が早かったと思われますが、その後冷え込みもあり小康状態だったのが、本日どうやら今年の大発生日のようです。関東地方だとほぼ同じ日に群飛しますので当社も朝から電話が鳴りやみません。ハネアリの群飛は驚くほどの数ですので一般の方はとても驚かれます。写真の住宅は浴室入り口と玄関からの発生でした。床下の被害もかなり有り、浴室の内壁部はぼろぼろに食害されていました。ヒアリングでは昨年度にもハネアリが発生していたとのこと!せめて1年前に駆除工事を行っていれば・・・と大変悔やまれます。

P4300036
P5200063
RIMG0037

このケースは早急な駆除が必要です。
ここで、専門業者からのアドバイスですがシロアリのハネアリを見かけたら必ず近くでシロアリの被害が進行しています。シロアリの幼虫は土中や柱の中で生息しており人目につきにくく発見が遅れます。ハネアリを見かけたら必ず専門業者に点検してもらいましょう!

P7010017_1

こんなに被害が甚大な場合はもちろんですが、少しでも目に見える場所で被害が確認できたときは、だいたい床下もこんな感じです。


ブログ記事の仕切りバー

ハネアリの大量群飛

ヤマトシロアリのハネアリは毎年ゴールデンウィーク前後の雨上がりの日中、湿度が高く気温がグングン

上昇した時に一斉に群飛します。

今年の一番のお問い合わせは4月12日でした。

暖冬のせいもあり成長が早かったと思われますが、その後冷え込みもあり小康状態だったのが、

本日どうやら今年の大発生日のようです。

関東地方だとほぼ同じ日に群飛しますので当社も朝から電話が鳴りやみません。

ハネアリの群飛は驚くほどの数ですので一般の方はとても驚かれます。

写真の住宅は浴室入り口と玄関からの発生でした。

床下の被害もかなり有り、浴室の内壁部はぼろぼろに食害されていました。

ヒアリングでは昨年度にもハネアリが発生していたとのこと!

せめて1年前に駆除工事を行っていれば・・・と大変悔やまれます。

P4300036P5200063RIMG0037

 

 

このケースは早急な駆除が必要です。

ここで、専門業者からのアドバイスですがシロアリのハネアリを見かけたら

必ず近くでシロアリの被害が進行しています。

シロアリの幼虫は土中や柱の中で生息しており人目につきにくく発見が遅れます。

ハネアリを見かけたら必ず専門業者に点検してもらいましょう!
P7010017_1

 

 

 

こんなに被害が甚大な場合はもちろんですが、少しでも目に見える場所で被害が確認できたときは、

だいたい床下もこんな感じです。


ブログ記事の仕切りバー

床下木部処理

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさにシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理

 

 

P5190018

 

 リビング床下の束柱への吹付け処理

 

 

P7070012_1

 

 床下土台への吹付け処理

 

 

 


ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー

シロアリ消毒工事の床下木部処理です。

ヤマトシロアリの習性は、加害部が巣を兼ねているのでイエシロアリのような特別な巣は形成しません。


自分たちで水分を運ぶ事ができないので必然的に湿っぽい木材や場所を選んで生息します。床下はまさ


にシロアリの絶好の住処といえ、シロアリ防除工事を行うときもきめ細かで入念な薬剤処理が必要です。


P5190006

 

洗面水周りの床下束柱への吹付け処理



P5190018


 リビング床下の束柱への吹付け処理

 


P7070012_1


 床下土台への吹付け処理



 



ヤマトシロアリは特別な巣は作りません。加害部が巣を兼ねるため、一箇所被害が見つかると他にも被


害があることが珍しくありません。 湿気の多い浴室や洗面所、トイレなどだけではなく和室の押入れの下


や玄関など空気の流通が悪い場所、つまり湿気がこもりやすい場所はシロアリの絶好の住処になるので


要注意です。ヤマトシロアリの予防駆除はきめ細かな作業が求められます。


ブログ記事の仕切りバー ブログ記事の仕切りバー

作業前準備 1

f8cecab1.JPG
シロアリ防除工事は1F床下を基本に薬剤処理を行います。床下へ作業員がもぐりこんでの作業になりますので、作業中に施工スタッフが地上への出入り時などに室内が汚れないように厳重な養生を行います。同時にホコリなども出ないように注意しながら作業を進めます。


ブログ記事の仕切りバー

ハネアリ発生

ヤマトシロアリのハネアリは毎年ゴールデンウィーク前後の雨上がりの日中、湿度が高く気温がグングン上昇した時に一斉に群飛します。今年の一番のお問い合わせは4月12日でした。暖冬のせいもあり成長が早かったと思われますが、その後冷え込みもあり小康状態だったのが、本日どうやら今年の大発生日のようです。関東地方だとほぼ同じ日に群飛しますので当社も朝から電話が鳴りやみません。ハネアリの群飛は驚くほどの数ですので一般の方はとても驚かれます。写真の住宅は浴室入り口と玄関からの発生でした。床下の被害もかなり有り、浴室の内壁部はぼろぼろに食害されていました。ヒアリングでは昨年度にもハネアリが発生していたとのこと!せめて1年前に駆除工事を行っていれば・・・と大変悔やまれます。

P4300036
P5200063
RIMG0037

このケースは早急な駆除が必要です。
ここで、専門業者からのアドバイスですがシロアリのハネアリを見かけたら必ず近くでシロアリの被害が進行しています。シロアリの幼虫は土中や柱の中で生息しており人目につきにくく発見が遅れます。ハネアリを見かけたら必ず専門業者に点検してもらいましょう!

P7010017_1

こんなに被害が甚大な場合はもちろんですが、少しでも目に見える場所で被害が確認できたときは、だいたい床下もこんな感じです。


ブログ記事の仕切りバー

ハネアリの大量群飛

ヤマトシロアリのハネアリは毎年ゴールデンウィーク前後の雨上がりの日中、湿度が高く気温がグングン

上昇した時に一斉に群飛します。

今年の一番のお問い合わせは4月12日でした。

暖冬のせいもあり成長が早かったと思われますが、その後冷え込みもあり小康状態だったのが、

本日どうやら今年の大発生日のようです。

関東地方だとほぼ同じ日に群飛しますので当社も朝から電話が鳴りやみません。

ハネアリの群飛は驚くほどの数ですので一般の方はとても驚かれます。

写真の住宅は浴室入り口と玄関からの発生でした。

床下の被害もかなり有り、浴室の内壁部はぼろぼろに食害されていました。

ヒアリングでは昨年度にもハネアリが発生していたとのこと!

せめて1年前に駆除工事を行っていれば・・・と大変悔やまれます。

P4300036P5200063RIMG0037

 

 

このケースは早急な駆除が必要です。

ここで、専門業者からのアドバイスですがシロアリのハネアリを見かけたら

必ず近くでシロアリの被害が進行しています。

シロアリの幼虫は土中や柱の中で生息しており人目につきにくく発見が遅れます。

ハネアリを見かけたら必ず専門業者に点検してもらいましょう!
P7010017_1

 

 

 

こんなに被害が甚大な場合はもちろんですが、少しでも目に見える場所で被害が確認できたときは、

だいたい床下もこんな感じです。