男子現場活動ブログ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

今年も大変お世話になりありがとうございました!!

いつも世話になっています。代表の前田です。
今年はとてもつらい出来事がございました。
3月11日の東日本大震災におきましては、多くの方が犠牲になり、いまだ行方がわからない方もたくさん
いらっしゃいます。そんな状況の中で自分たちに何が出来るのか、どうすれば少しでも被災者の皆様のお役に
立てるのか・・・・。人の命の尊さ!家族や友人、知人との繋がり、地域とのコミュニケーション等々
この大震災を通して、とても考えさせられた一年でした。
当社が、まず実行したのは、徹底した節電でした。今夏は昨年に続き猛暑日が続いたにも係らず、7月・8月は
ともに昨年ベースで45%以上の節電に成功しました。
次に実行したのは、顧客の皆様への予定年度以外の定期点検です。
すべてのお客様を点検することは無理でしたが、ご都合の許す限り誠心誠意点検を行わせていただきました。
関東地方でも、特に震源地に近い茨城県内のお客様や、液状化による大きな被害を蒙った浦安地区、千葉県北東部
のお客様を訪問した時には、被害の惨状にに言葉を失いました。
海岸に転がっている車や、倒壊した住宅、傾いた電柱、どれもが自然のエネルギーの凄まじさを物語っていました。
そんな辛い状況の中、一人一人のお客様の顔を思い浮かべながら、お訪ねしましたが、幸い当社のお客様には
犠牲者はいらっしゃいませんでした。
大きな事は出来ませんが、なにかお困りのことがあればご遠慮なくお申し付け下さい! 当社が出来ることなら
何でもやりますからと、お声かけしましたが、皆さん一様にまだまだ大変な人たちが大勢いらっしゃいます、
私たちは命までは奪われなかった、怖い思いをしたけど、生きているだけましですよ・・・・・とこのような声を
たくさん聞きました。
サービス業に携わっている者として、最低限やらなければいけない業務を通して、被災者の方から逆に励まされ
改めて日本人の芯の強さと、我慢強さを痛感させられました。
まだまだ、原発問題など、復興までの道のりは長いと思いますが、私たち一人一人が被災者と同じ気持ちで
人や物を大切にし、一日々を大切に生きていかなければと思います。
そして、一番大切なのは、人に対する思いやりと、真心と誠意ではないでしょうか!!
私が以前勤務していた、会社の社長がみんなによく言った言葉があります。
それは、”人を大切にしなければ人には恵まれない!”
    ”お金を大切にしなければお金には恵まれない!”
 
    ”家族に責任をもてない人間に仕事の責任が持てる訳が無い!”
この度の大震災を通して、改めて人に対する思いやりを考える機会に恵まれました。
来年以降も、この気持ちを社員全員にもってもらい、サービス業として少しでもお客様のお役に立てますよう
努力は惜しみません。
本年は本当にありがとうございました。
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


大掃除後のだるまさん.jpg"
代表の前田です。こうして、生かされている事に感謝をしたいと思います。
12月28日仕事納めと同時にだるまサンに目が入りました。
左下白いのっぽの社屋ビルとスカイツリー.jpg
我が社のバックにそびえたつスカイツリーです。
いよいよ来年後は開業の年です。
いよいよ来年がオープンです.jpg"
平成24年度は、すべての皆様にとって希望の年でありますように
このスカイツリーのように、正々堂々と生きていきましょう!!



ブログ記事の仕切りバー

今年も大変お世話になりありがとうございました!!

いつも世話になっています。代表の前田です。
今年はとてもつらい出来事がございました。
3月11日の東日本大震災におきましては、多くの方が犠牲になり、いまだ行方がわからない方もたくさん
いらっしゃいます。そんな状況の中で自分たちに何が出来るのか、どうすれば少しでも被災者の皆様のお役に
立てるのか・・・・。人の命の尊さ!家族や友人、知人との繋がり、地域とのコミュニケーション等々
この大震災を通して、とても考えさせられた一年でした。
当社が、まず実行したのは、徹底した節電でした。今夏は昨年に続き猛暑日が続いたにも係らず、7月・8月は
ともに昨年ベースで45%以上の節電に成功しました。
次に実行したのは、顧客の皆様への予定年度以外の定期点検です。
すべてのお客様を点検することは無理でしたが、ご都合の許す限り誠心誠意点検を行わせていただきました。
関東地方でも、特に震源地に近い茨城県内のお客様や、液状化による大きな被害を蒙った浦安地区、千葉県北東部
のお客様を訪問した時には、被害の惨状にに言葉を失いました。
海岸に転がっている車や、倒壊した住宅、傾いた電柱、どれもが自然のエネルギーの凄まじさを物語っていました。
そんな辛い状況の中、一人一人のお客様の顔を思い浮かべながら、お訪ねしましたが、幸い当社のお客様には
犠牲者はいらっしゃいませんでした。
大きな事は出来ませんが、なにかお困りのことがあればご遠慮なくお申し付け下さい! 当社が出来ることなら
何でもやりますからと、お声かけしましたが、皆さん一様にまだまだ大変な人たちが大勢いらっしゃいます、
私たちは命までは奪われなかった、怖い思いをしたけど、生きているだけましですよ・・・・・とこのような声を
たくさん聞きました。
サービス業に携わっている者として、最低限やらなければいけない業務を通して、被災者の方から逆に励まされ
改めて日本人の芯の強さと、我慢強さを痛感させられました。
まだまだ、原発問題など、復興までの道のりは長いと思いますが、私たち一人一人が被災者と同じ気持ちで
人や物を大切にし、一日々を大切に生きていかなければと思います。
そして、一番大切なのは、人に対する思いやりと、真心と誠意ではないでしょうか!!
私が以前勤務していた、会社の社長がみんなによく言った言葉があります。
それは、”人を大切にしなければ人には恵まれない!”
    ”お金を大切にしなければお金には恵まれない!”
 
    ”家族に責任をもてない人間に仕事の責任が持てる訳が無い!”
この度の大震災を通して、改めて人に対する思いやりを考える機会に恵まれました。
来年以降も、この気持ちを社員全員にもってもらい、サービス業として少しでもお客様のお役に立てますよう
努力は惜しみません。
本年は本当にありがとうございました。
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


大掃除後のだるまさん.jpg"
代表の前田です。こうして、生かされている事に感謝をしたいと思います。
12月28日仕事納めと同時にだるまサンに目が入りました。
左下白いのっぽの社屋ビルとスカイツリー.jpg
我が社のバックにそびえたつスカイツリーです。
いよいよ来年後は開業の年です。
いよいよ来年がオープンです.jpg"
平成24年度は、すべての皆様にとって希望の年でありますように
このスカイツリーのように、正々堂々と生きていきましょう!!