男子現場活動ブログ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

20160531 千葉県佐倉市染井野にてシロアリ調査

千葉県佐倉市染井野にてシロアリ調査を行いました。
在来工法で床下は布基礎、不快害虫が床下に多いことから、前回消毒の薬効はほぼないと考えられました。
シロアリの被害はありませんでしたが、基礎通風口からネズミの侵入が確認できました。
お客様にテレビで確認して頂き、御見積書を提出しました。


ブログ記事の仕切りバー

20160528 埼玉県草加市手代町でシロアリ調査

本日は、埼玉県草加市手代町でシロアリ調査を行ってまいりました。こちらは居間の窓枠からアリらしき虫が出てきたことがあり、その時は掃除するだけで気にしていなかったが、最近気になりはじめたということで、弊社へシロアリ調査のご依頼がありました。

さっそく居間の窓枠を見に行くと、標準よりも大きめの窓でとても開放感のある居間となっております。窓のサイズが大きいため、窓枠のサッシも大きく作られており虫が入ってきそうな造りに思われます。見た感じでは食害跡などはなく大丈夫そうでしたので、次は床下から確認をしていきます。こちらも床下からは問題ありませんでした。
予防という形で御見積書を提出し、本日の調査は終了いたしました。


ブログ記事の仕切りバー

20160526 埼玉県越谷市花田でシロアリ消毒

本日は、埼玉県越谷市花田でシロアリ消毒を行ってまいりました。こちらは、床下はベタ基礎で床高も十分なのですが、周辺環境の影響のために床下の通気性がとても悪いところとなっております。ご主人も床下の通気性の悪さは知っており、何度かシロアリ消毒をしているとの事でした。
調査時には床下はクモの巣が多く存在しており、虫にとっても好都合な環境になっていることが分かります。シロアリ被害はないので、消毒もほうもスムーズに作業して問題なく終了いたしました。

現在のシロアリ消毒で使用している薬剤は薬品の種類によってバラつきがありましが、弊社で一番多く使用している薬剤は安全性に優れているのと、かつシロアリ以外の不快害虫にも一定の駆除効果があるものを使用しています。不快害虫に悩まされている方はぜひ一度、弊社までお問い合わせください。お助けになれば幸いです。


ブログ記事の仕切りバー

20160524 東京都千代田区神田錦町と文京区本駒込でシロアリ駆除工事と定期点検

午前は東京都千代田区神田錦町のビルの1階店舗のシロアリ駆除工事です。カウンターから羽アリがここ数年で続けていたそうです。ビル内の店舗なので床下はなく、カウンターの壁や内壁、ドア枠や柱に薬剤注入を行いました。店舗が11時に開店してしまうので、それまでに終わらせるために3人の作業員で行いましたので、時間通りに終わって店主様にもご満足いただけました。

午後は東京都文京区本駒込の2階建て住宅のシロアリ3年目定期点検です。住宅が密集している狭隘なところなので、床下に風が入らないので、床下湿度が高くカビがかなり多いお宅です。施工時に防カビ剤も散布していたのですが、3年目でカビが生じてきてしまいました。本質的な対策は3年前の調査時からご提案していたのですが、ご予算の都合で防カビ剤の散布のみにしていました。デジカメで撮影した床下の状況を見ていただき、再度床下の湿気対策としての防湿シート敷込みをご提案しました。


ブログ記事の仕切りバー

20160524 埼玉県八潮市八潮でシロアリ消毒

本日は、埼玉県八潮市八潮でアパートのシロアリ消毒を行ってまいりました。こちらは地元のリフォーム会社さんからのご依頼で、アパートは1Fが2部屋の造りとなっており、1部屋が空室になり内装リフォームをするついでにシロアリ消毒もしてほしいとの内容でした。

事前の調査がなく、当日消毒施工を行うスケジュールとなっているため、ちゃんと床下は全面行けるのか? もしシロアリ被害があった場合、ちゃんと見落とすことがなく発見できるかなど、経験と知識が必要となってくる現場です。実際は、床下は問題なく消毒することができ。無事に終了することができました。


ブログ記事の仕切りバー

20160522 東京都台東区元浅草と荒川区町屋で2階建てアパートでのシロアリ駆除工事と有料調査

今日の1件目は東京都台東区元浅草の2階建てアパートでのシロアリ駆除工事です。アパートの床下は、各部屋ごとに仕切られていることが多く、このアパートそうでした。同行してくれている大工さんに床点検口を造作していただかないと、床下の施工ができません。各部屋の居住者の方にお声掛けして工事を進めました。すべてのお部屋の工事が終わったのは、お昼をだいぶ過ぎてからでした。居住者の皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。

午後は東京都荒川区町屋の2階建て住宅のシロアリ有料調査です。これから売却をする物件で、シロアリ消毒の保証書と日本しろあり対策協会の「蟻害・腐朽検査証」をお求めの施主様でした。ですので、弊社所属の蟻害・腐朽検査員が、シロアリの調査を行いました。床下にシロアリの被害はありませんでしたので、予防としての工事をお勧めしてご成約いただきました。工事完了後に、「白蟻防除施工保証書」と「蟻害・腐朽検査証」を発行いたします。


ブログ記事の仕切りバー

20160522 埼玉県三郷市市助でシロアリ消毒

本日は、埼玉県三郷市市助の空家でシロアリ消毒を行ってまいりました。こちらはオーナー様が自己所有物件として購入したもので、築10年とまだ新しいです。オーナーご自身で床下点検口を上げて、そこから覗いた限りではまったく問題ないという事でしたので、その確認も兼ねて調査を行いました。

シロアリ被害はなかったので、予防として御見積書を提出したら、その場で予防消毒をしてほしいとの事になり、午後からシロアリ消毒することになりました。作業は問題なく終了し、無事に予防消毒をすることができました。


ブログ記事の仕切りバー

20160520 東京都港区新橋と江東区牡丹の事務所のシロアリ部分駆除工事と3年目点検

本日の1件目は、東京都港区新橋の6階建てビルの1階にある事務所のシロアリ部分駆除工事です。調査にお伺いしたときは、トイレの枠がシロアリに食べられていました。シロアリの被害があるトイレ枠とその周辺の壁へ薬剤を注入して作業終了です。

2件目は東京都目黒区目黒の3階建て住宅のシロアリ調査です。3階建てには珍しく床下へ調査員が入れる高さがありました。かなり低い床下でしたが、なんとか床下全域の調査が終わりました。シロアリの被害はありませんが、床高が低すぎて通気が悪くカビが発生していました。デジカメで撮影した写真を見ていただきながら、床下の状況をご説明して、お見積りをご提案しました。

3件目に地元に戻って東京都江東区牡丹の2階建て住宅のシロアリ施工後の3年目床下無料点検です。予防工事でしたので、被害はないと思いますが、それでも床下の点検は必要です。床下に、施工の時はいなかったゴキブリの死骸が基礎沿いにいくつもあり、ご報告すると最近外でよく見かけるとのことでした。床下に予防剤を散布しておくと、シロアリ以外の昆虫が侵入することも防げるのでお勧めです。


ブログ記事の仕切りバー

20160520 東京都港区白金台と新宿区戸山で2階建て住宅のシロアリ調査

今日の1件目は東京都港区白金台の2階建て住宅のシロアリ調査をしました。お部屋の模様替え中に、箪笥の下の畳にシロアリを発見した奥様がお立ち会いでの調査です。畳はそのままにして頂いたのですが、光と風を感じたシロアリは巣へ逃げてしまっていました。畳下の床板にも当然被害があり、床下を調査してみると、和室のあちこちにシロアリの通り道である蟻道がありました。床下土壌の表面に白カビがあり、一部は大引や束柱などの床材にまで移っていました。シロアリの駆除と床下湿気対策のお見積りをご提案し、シロアリの被害がある和室の床板を張り替えたいとのご要望もありましたので、弊社協力会の大工さんをご紹介しました。

2件目は、東京都新宿区戸山の2階建て住宅でのシロアリ調査です。洗面所のクロスが黒くカビてしまっていて、近所の大工さんに診てもらったところ、外壁からの水染みと言われてシロアリが心配になって、弊社をインターネットで調べたそうです。外壁は近所の大工さんが修繕済みとのことで、さっそく床下を調査させていただくと、やっぱり洗面所の基礎にシロアリの通り道である蟻道がありました。シロアリ駆除のお見積りをお出ししてご成約いただきました。


ブログ記事の仕切りバー

20160518 東京都墨田区東向島と板橋区西台で2階建て住宅でのシロアリ調査と新築防蟻処理

地元の東京都墨田区東向島の2階建て住宅でのシロアリ調査です。弊社とお取引のある工務店様からのご依頼です。タイル張りの浴室をユニットバスに交換するために、工務店様が見積りに伺ったところ、浴室入り口の敷居と枠がシロアリに食べられているのを発見したそうです。床上からみると敷居と枠にちょこっと穴が開いただけの様に見えるのですが、床下では敷居の下の土台がグズグズになる程にシロアリの喰害がありました。
施主様と工務店様にデジカメで撮影した写真を見ていただき、駆除のお見積りのご提案となりました。駆除工事は、工務店様の工程に合わせて行うことになりました。

午後は東京都板橋区西台の2階建て住宅の新築防蟻処理です。これは新しく家を建てるときに行う、シロアリの予防工事のことです。通常のシロアリ予防や駆除の工事と違って、着色剤を混ぜた薬剤を使用します。
弊社はオレンジ色の着色剤を使っています。役所からの建築基準検査があるので、それまでに行う予防工事です。土台や大引のみならず、土台から1メートルの高さまで、柱や壁材も薬剤を吹き付けます。着色剤は乾くと落ちなくなるので、ご近所にご迷惑をかけないように、余計なものにまで薬剤がかからないように等々、気を付けなければならない工事です。大工さんの荷物が多かったので、養生が大変でしたが、無事に終わりました。