雨漏りからこんなことに | サンキョークリーンサービス

雨漏りからこんなことに

東京都武蔵野市のアパートの大家様からのご依頼でシロアリの調査を行いました。 アパート2階の通路の防水塗料が劣化し、どうもシロアリの被害があるのでは、とのことで 早速お伺いし点検したところ、1F通路の天井裏、つまり2F通路の真下の梁と2F通路の内壁 が滅茶苦茶にシロアリに食害されていることがわかりました。 この被害は数年前から起こっていたものです。 お客様も数年前に初めてシロアリかな?と思ってから、出入りのリフォーム屋さんに相談し、 壁の張替えやドア枠の交換をしたりと、何かとアパートの維持管理に費用をかけていらっしゃる ようでした。 ところが、再三業者の方にシロアリの被害の有無を確認しているにも関わらず、答えはNOで 結局この有り様です。
RIMG0002_20090416071920.jpg 通路の防水塗料と壁の立ち上がりの隙間が劣化し、雨水が内壁部へしみこんでいます。 RIMG0009_20090416071744.jpg 許可をもらい、外壁の一部を剥がすと、予想通り中は甚大なシロアリの被害です。 RIMG0044_20090416071501.jpg 通路を支える梁が食害されています。 RIMG0045_20090416071542.jpg 床材の鉄骨も雨水によって錆びてしまっています。 RIMG0007.jpg 鉄骨で下から柱をたて補強しています。 RIMG0066_20090416072341.jpg 梁にも鉄骨を抱かせ補強を行ないました RIMG0069_20090416072431.jpg 被害は一部だけでは無く、通路全域まで広がっていました。 P8300078.jpg 補強と修復の後は、駆除と新たな部材への予防処理です。
今回の工事でとても残念だったことは、お客様が親しくしていたリフォーム屋さんがシロアリの 被害や習性にそもそも気づいていなかった点です。 それと、お客様がひょっとしてシロアリかなと感じたときに、リフォーム屋さんに遠慮しないで 思い切って専門業者に調査を依頼すればよかった、この2点です。 数年前にシロアリの兆候があった時に、早急な駆除を行えば、被害はこんなに拡大しませんでした。 こちらの物件は、もちろん完全駆除をし、5年間保証をお付けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ