マイクロスコープによるシロアリ調査 | サンキョークリーンサービス

マイクロスコープによるシロアリ調査

お世話になります。工事部の山崎です。 床下が低く調査が困難な現場で、最新式のマイクロスコープでシロアリの調査を行いました。 スコープでの床下調査 蟻道にシロアリが沢山がいます お客様からシロアリの相談を受け、現場へ調査にお伺いした時に、床下が低く作業員が床下へ入り込めない事が たまにあります。 点検口や床下収納庫、和室の床板を外すなりして床下の状態を点検しないと、シロアリの生息や被害状況は 正確にはわかりません。 今回の現場は、床高がおそらく15cmほどしかなく、予めお客様からお聞きしていたので、最新兵器を 持参し調査をさせて頂きました。 以前からも、今回のようなケースがあり、できる限りでの点検と、我々の経験値からの判断でしか説明が 出来なかったのですが、このマイクロスコープは確実にシロアリの生息が確認できました。 かなりの優れものです!! ただ、一つだけ難問があります、それはスコープを通すために6mm位の穴を床や、壁に空けなければ いけないのです・・・・。 今回も、床に2ヵ所の穴をあけさせてもらいましたが、はっきりした結果がわかり、お客様も納得されていました。
【施工状況】 後日の駆除施工の様子です。 施工状況 施工状況 外壁前面から、シロアリ駆除剤を内壁部に注入し、土台まで薬剤が浸透していくように仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ