ねずみの侵入口あれこれ | サンキョークリーンサービス

ねずみの侵入口あれこれ

いつもお世話になっております。
㈱サンキョークリーンサービスの鈴木です。
家屋へのねずみの侵入箇所で多いのは、基礎の通気口や配管導入口なのですが、今日は意外な箇所からの、ねずみの侵入箇所をご紹介いたします。
まずはココ、基礎沿いのコンクリートのそばの地面に穴が開いています。
RIMG0077_20150223231606d79.jpg
もともとは汲み取り式トイレの浄化槽があった場所です。
RIMG0078_20150223231710219.jpg
今は水洗トイレにリフォームしているので、この下には下水管を通しています。
その、配管沿いをねずみは掘り進んで床下へ出入りするので、地面に穴があいているのです。
一般の方では、これがねずみの仕業とは思いませんよね。
次は屋根の侵入箇所です。
RIMG0063_20150224003008103.jpg
このように屋根の重なっているところは、隙間があることが多くねずみの出入り口になることがあります。
雨風は入りませんが、天井裏から見たときに外の光が差し込んでいるところは要注意です。
そのほか、リフォームの伴ってガス管や水道管を取り替えたりしたときにできてしまう侵入箇所があります。
RIMG0058_20150223233231e1e.jpg
現在は使用してない配管導入口です、ねずみが簡単に侵入出来てしまいます。
これらの侵入箇所はなかなか発見しづらい箇所ですし、発見したからといってすぐに穴を塞いでしまうのは、ねずみが天井裏や壁の中で死んでしまう危険があります。
家屋に入ってきた穴が塞がれてしまったねずみは、食べ物を得ることができなくなるのですから、家屋どこかで餓死することになってしまいます。
ご自分で侵入箇所を塞ぐときは、このことにご注意ください。
私たちはそうならない様にプロフェッショナルとしての施工を行っているので安心です。
シロアリ・ねずみ・害虫に困ったら、いつでもご連絡下さい。
㈱サンキョークリーンサービス
℡ 0120-30-6418


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)