念願だった富士山に登ってきました。 | サンキョークリーンサービス

念願だった富士山に登ってきました。

いつもお世話になっています。
代表の前田です。
小さな頃からの夢だった、富士山にこの度初めて登ってきました。
富士登山を真剣に計画し始めたのが5年前で、全く未知の世界でしたから、
どんなところを上るのかも想像もつきませんでしたが、噂の通り本当にヘビーな山でした。
さすが日本一の山だと!今更ながらよくも登りきれたもんだと・・・・・・
ところが、お天気こそ晴天で、これ以上無いってくらいの好条件にもかかわらず、私前田は
なんと下りで、 持病の膝にアクシデントが起こり・・・・・・
登頂成功もつかの間、嬉しさのあまり下りの須走口を調子にのって下ったせいで
なんと歩けなくなってしまいました。
お恥かしいやら、悲しいやら・・・・ 富士登山はあくまでも自己責任の世界だとか・・・
ブルドーザーもヘリコプターも膝の故障くらいではきてくれません。
どうにか七合目まで下り馬にきてもらいました。
波乱万丈?珍道中の富士登山でしたが、とにもかくにも
親しい仲間6人で、天気にも恵まれとてもいい経験ができました


蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+004_convert_20090810191859
午後2時です。五合目のお土産物センターで軽く食事をしまもなく登山開始です。
蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+006_convert_20090810205623 13
河口湖口よりいよいよ登山の開始です。
蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+032_convert_20090810192408  2
七合目の山小屋で休憩中です。
蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+065_convert_20090810193240 4
こんな険しいがけを登っていきました。
上を見上げて、あ~頂上はまだまだなって感じです。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+063_convert_20090810193609 5
だんだん夕暮れもも近くなりました。
体力もかなり消耗しています。
休憩をたくさんとりながら、上ると高山病にならないみたいです。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+098_convert_20090810194027 6
翌日は山小屋を深夜の1時に出発して、頂上を目指しました。
順調に行くと、頂上で御来光を拝めるところでしたが、のんびりがたたり九合目にて
拝みました。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+108_convert_20090810194342 7
御来光です。
雲海の遥かかなたからの御来光はそれはそれは見事な光景でした。
気温は5℃でしたが、一気に温かくなったように感じました。
改めて、太陽の偉大さを感じたひと時でした。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+129_convert_20090810194731 8
午前6時を少し廻ったところです。
無事頂上に到達しました。
気温は5℃です。
頂上の自動販売機ではペットボトルが500円です。
富士山では水はとても貴重なんですよ。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+161_convert_20090810195057 8
日本一の山の頂上で、大の字に寝転がってみました。
最高でしたが、寒かった。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+174_convert_20090810195736 9
頂上もつかの間、早々と下山です。
須走口をすべるように駆け下りていきます。
勾配はかなりきついです。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+183_convert_20090810201059 9
すべるように下ったつけが、膝にきてしまいました。
一緒に登った接骨院の松木先生にマッサージとテイピングをお願いしました。
まるでこの状況を想定していたようですね。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+185_convert_20090810201354 10
とうとう膝がいう事を聞かず、リタイアです。
七合目までなんとか下り、馬に出動してもらいました。
平坦な場所は大丈夫だったんですが、下りは膝にきます!
ほんと、死ぬかと思いました。

蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+187_convert_20090810201645 11
ご迷惑をかけた仲間に、笑顔でピースサインをし一足お先に失礼します。 
蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+188_convert_20090810201903 12
と、前田は馬と共に霧の中へ去って行きました。


頂上の火口の前です。
蟇悟」ォ螻ア逋サ螻ア+139_convert_20090810202327 13
覗き込むと、吸い込まれそうで蟻地獄のようでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)