雨漏りかが原因でこんなにもひどくなってしまいました。 | サンキョークリーンサービス

雨漏りかが原因でこんなにもひどくなってしまいました。

こんにちは。施工担当の鈴木です。
まだまだ暑い日が続いていますが、皆さん熱中症にはお気をつけくださいね。
さて、今回は雨漏りが原因で、外壁のほぼ前面の内壁部にシロアリの被害をうけ、
大掛かりな改修工事になってしまったケースをご紹介します。
現場は、千葉県内の一戸建て2×4(ツーバイフォー)住宅です。


P8020037.jpg
当社にお客様から、連絡が入った経緯は、一階リビングの窓枠から大量の ハネアリの発生 がきっかけでした。
調査の段階で、雨漏りが有ることや、天井までシロアリの蟻道が目視できたことで、これは 相当な被害 だと
ピーンときました。 その旨お客様に伝え、対策をご提案したのですが、当然ですがお客様は建設会社へ
クレームを申し立てます 。クレームの詳細は諸般の事情により割愛させていただきますが・・・
と、ここまではよくある話ですが、問題は シロアリの被害程度 なんです。
我々は経験上、これはただ事ではない被害ですよ!!
とハウスメーカーの担当者に言っても、ほとんど 聞く耳をもってくれません 。(自分達の立場も有りますし)
今回のケースも、お客様とハウスメーカー様と当社、そしてメーカーさんの専属の消毒業者の間で、協議し
どっちが施工するのか等で、すったもんだの挙句、 お客様の強い意向 で当社が施工を請負うことになりました。
施工に際しては、外壁を剥がして、シロアリに加害されている柱の補強等々、修復をし、そのうえで消毒工事を
しなくてはいけませんよ・・・・と。最初のご提案から、ご理解を頂くまで、 その間2ヶ月 を費やしました。
それで、このたびやっと施工となった分けですが、実際に工事が始まり一番驚いていたのが、ハウスメーカーの
担当さまで、剥がし終わった外壁の柱の被害に 絶句 されていました。

RIMG0002_20100920125430.jpg
当初は一階部分のみという事で、被害確認を行いましたが、やはり 我々が予測した とおり、被害は2階にまでも
およんでいました。
こちらの住宅は 雨漏りがシロアリへの給水源 となり、通常だとありえない場所、つまり2階や3階部分にまで
シロアリ達が到達していました。

P8020046.jpg P8020047.jpg

施工状況ですが、柱にドリルで穿孔し、薬剤を注入しています。

P8020045.jpg P8020043.jpg

柱へ注入後は、柱の表面へきめ細かく薬剤を吹付けしていきます。
P8020041.jpg
予防のために、新しく補強した柱へも薬剤を吹付けし、これで駆除は完了です。


今回一番苦労したことは、なんと言っても、お客様と、ハウスメーカー様との板ばさみで、
意見を求められたときの発言でした。
最後は、メーカー様より、本当に壁を剥がしたときに、君たちが言っているような被害がおこっているのか?
仮に被害がさほどでもない時の、壁の修復費用はどうするつもりか・・・・
これは非常にきつかったです!!
でも、自分の長年の経験と、プライドと正義感(笑)で正直に言い切りました。
結果、お客様にも大変喜ばれ、何よりメーカーさんからも、「正直こんなに酷いとは思わなかった、
さすが専門家だね 」 とお言葉いただき、信頼された事は大きな収穫でした。
今後も、さらに防除作業に精進したいと思います。
どうぞ、(株)サンキョークリーンサービスをよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)