廊下やキッチンの床板のきしみを直しました。 | サンキョークリーンサービス

廊下やキッチンの床板のきしみを直しました。

住宅が古くなってくると、よく廊下やキッチンのフローリングなどの床板がきしんだり、
フワフワしてくることが無いでしょうか?
私どもがよくお目にかかる現場の症状として、床のブカブカで一番多いのがやはりシロアリの被害によるものです。
次に多いのが、湿気によるきしみとブカブカです。
どちらも、お客様が古い家だからしょうがないや、と諦められていたり、気にはなっているのだが
どうしてよいかわからないし、大工さんに頼むと高そうとそのまま放置されているケースがよくあります。
今回の作業は、そんな症状を、大工さんとはちょっと違った目線から、床下専門のスタッフならではの技術を
ご紹介したいと思います。


RIMG0003_20091229104302.jpg
築年数25年以上の木造モルタル2階建て住宅です。
使用する材料は根太材のみです。

RIMG0010_20091229104339.jpg
予め採寸し材料をカットします。
この現場はきしむ箇所が20箇所以上あり、大変です。

RIMG0005_20091229104501.jpg
同じ根太で作ったくさびとボンドを用意し早速作業の開始です。
RIMG0008.jpg
床板にはきしむ箇所に予めガムテープでマーキングしておきます。
RIMG0014_20091229104652.jpg
さーここからが、床下職人の熟練の技術の見せ所です。
とても手際よく、部材をきしむ場所にはめ込んでいきます。

RIMG0021_20091229104728.jpg
この現場は特に床高が無いので、作業も大変そうです。
RIMG0033_20091229104853.jpg
部材のカットや微調整も狭い空間なので、ごらんのようなのこぎりの使い方です。
RIMG0026_20091229104809.jpg
作業開始から2時間弱ですが、さすがベテラン2名あっという間に完成です。
RIMG0023_20091229104941.jpg
大引と大引のあいだに部材をはめ込んで、しっかりくさびで固定されています。
もーこれで大丈夫です。


大切なお客様のご要望にお答えするために、はじめたサービスでしたが、この仕事は
特に喜ばれます。
こちらの現場のお客様もとても感激してくださいました。
その背景には、そろそろ建替えも考慮している時期でもあり、大工さんに頼んで床張替えをする予算もちょっと
もったいないような、ならばいっそこのまま我慢しようと。
それが、ひょんな事から、えー床下からできるの?となり大工さん頼む1/5程度の予算で快適な空間に現状回復です。
なので、喜びも大きかったようです。
もちろん、これを本業としてはいませんので、顧客の皆様へだけの限定サービスですが、ご関心のある方は
一声おかけ下さい。必ずお役に立てますから。

PS:こちらのお客様より感謝のお言葉を頂きました。
12月2日の”お客様の声”がそうです。
是非ご覧下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)