男子現場活動ブログ | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

毎年恒例、会社の大掃除をしました。

お世話になっております。
(株)サンキョークリーンサービスの大滝です。

今年もあっという間に過ぎ去ろうとします。
一年間、様々な現場やお客様とお会いすることができた年でした。

本日は、毎年恒例である社内の大掃除を行いました。

RIMG0581

前田社長です。掃除姿がばっちり決まってます。

「人生にムダがあっても、会社の備品にムダなものは置かない」がモットーです。

基本、重たいものはNGです。

RIMG0579

さっそく掃除です。

掃除の基本は上から下です。

各フロア内の天井やロッカーを天板の上までしっかりと掃除します。

RIMG0586

さて、1階の駐車場兼作業場では、大量にある備品を全てチェックしてます。

棚掃除の為に一旦、すべて取り出します。

RIMG0595

動かせるものはすべて動かして、隅の隅までしっかりとチェックしていきます。

倉庫の移転などがあり、普段、持ち運びしないものなども多く、大変な作業でした。

RIMG0588

同じく1階の屋外では、ブラインドを水洗いしてます。

会社内のブラインドを全て取り外して、丁寧に一枚一枚の汚れを落としていきます。

今年は例年に比べ暖かいですが、さすがにずっと外にいると寒いものです。

日和も良く、順調に作業が進みました。
RIMG0607
朝から始めた大掃除も着々と終わりに近づいてきてます。

RIMG0605

大掃除が終わったあとの姿です。備品の収納もすべて元通りにしてあります。

朝から始めた会社の大掃除も終わりました。

普段からキレイにはしてますがピカピカになりました。キレイな会社で仕事をした方がはかどります!

さて、大掃除の後は、会社の3階で納会の準備です。

本日の料理は「モツ鍋」です。

大掃除の疲れもなんのそので、すぐに料理の準備に取り掛かります。

RIMG0613

談笑をしながら材料をカットしたりしつつ

RIMG0618

お刺身を盛り付けていきつつ

RIMG0635

あっという間に乾杯です。

「乾杯」の一言で、一年の疲れが吹き飛んでいくかのようです。

RIMG0637

12月の東京は昼間も過ぎると気温が下がって、モツ鍋が丁度良かったです。とっても温まりました。

大盛況のうちに終えることができました。

ぜひ、また来年も楽しみにしたいと思います!

来年も変わらぬご愛顧、またご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


ブログ記事の仕切りバー

2015年度 年末年始営業のお知らせ

今年も大変お世話になりました。

(株)サンキョークリーンサービスは年末年始も休まず営業いたしております。

12月30日の年末に加え、1月3日にもさっそく調査の依頼を頂いております。

皆様も気になることがございましたら、お気軽にご相談・お電話ください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。年中無休です。


ブログ記事の仕切りバー

20151227 東京都千代田区丸の内のビルの地下にある店舗様のねずみ駆除メンテナンスサポート

今日の1件目は、東京都千代田区丸の内のビルの地下にある店舗様のねずみ駆除メンテナンスサポートです。ビル全体でのねずみ駆除工事をしたいところですが、オーナー様の意向で各テナント毎に対処することになっている建物です。被害のないフロアがほとんどですから無理もないのかもしれませんね。店内に出没していた箇所や、新たな出没箇所がないか点検して、天井裏の固形忌避剤や粘着シート等を交換して作業終了です。
午後は、東京都港区三田の2階建て住居のねずみ防除工事3回目です。前回の施工時も天井を走る音はしなくなっていました、3週間後の今日になっても、天井裏での音はありませんし、殺そ剤に変化ありません。新しいフンもありませんから、生息無しと判断して駆除工事完了です。


ブログ記事の仕切りバー

20151227 埼玉県さいたま市緑区太田窪でねずみ駆除

今年もあと4日で年越しとなりました。今日は、埼玉県さいたま市緑区太田窪でねずみ駆除を行ってまいりました。築20年のお宅で、まだ外観等もキレイになっております。

ここ数年、度々ネズミに入られており、自分たちで市販の殺鼠剤や粘着シートなどを用意して仕掛けてみたのだが、なかなか捕まらずにどうにもこうにも苦労していたとのことで、今回の駆除のご依頼となりました。

ねずみ駆除の一番のポイントは、外部からの侵入経路の遮断です。大原因となる侵入経路を遮断しないことには、いくら仕掛けを設置したり増やしても、ねずみ駆除への道のりは険しい一方です。今回のケースですと、一番は室外機の配管周りにスキマがあり、そこが怪しいということになり。遮断を行いました。

本日は、ねずみ駆除の1回目ですので、次回へと効果判定へと移っていきます。


ブログ記事の仕切りバー

20151224 神奈川県相模原市南区大野台と神奈川県座間市ひばりが丘にてシロアリ調査

1件目は神奈川県相模原市南区大野台の2階建て住宅のシロアリ調査です。お電話では、庭の杭にシロアリを発見して、家に移っていないか心配との事でした。伺った時には、シロアリに食べられた杭は処分されていました。床下を調査すると、和室の庭側の基礎にシロアリの蟻道(通り道)ができていました。土台には達していませんでしたので、駆除は今の内にとご説明して、お見積もりをお渡ししました。

午後は神奈川県座間市ひばりが丘の2階建て住宅のシロアリ調査です。特にシロアリの被害は感じていないそうですが、ご近所でシロアリ被害から、床の張替えにまでなってしまったお宅があるそうで、その話しを聞いて心配になったそうです。床下を調査しても、シロアリの被害は無く、予防としての薬剤処理をお勧めすると、ご成約頂きました。


ブログ記事の仕切りバー

20151223 埼玉県さいたま市見沼区でねずみ調査

クリスマスも近づきはじめている今日は、埼玉県さいたま市見沼区でねずみ調査を行ってまいりました。築30年のお宅ですが、度々、庭先の物陰に小動物らしきものが動いてるのを見かけており、先週頃から家の天井裏で物音がするようになったということで調査依頼をされてきました。

現場についてみると、玄関前には物がいっぱい置いてあり、外からでも山積みになっているのが確認できるくらいです。どうやら原因はここら辺にありそうです。室内の天井裏を覗いてみますと、ハッキリとねずみのフンがあるのが見つけられました。天井裏に出入りしているのは間違いありません。

侵入経路の特定ですが、一部の通風孔が怪しいのと、やはり玄関周りにスキマがある可能性は捨てきれません。今日の調査だけではとても玄関の荷物をどかして見る時間がありませんので、ハッキリとした原因は断定できませんでしたが、通常の施工プランのお見積りをその場で提出して調査は終了となりました。


ブログ記事の仕切りバー

20151221 埼玉県さいたま市岩槻区本町にてねずみ駆除

今日は、埼玉県さいたま市岩槻区本町にて、ねずみ駆除を行ってまいりました。築40年、20坪以上で、ご両親と娘さんが暮らしていますが「毎日、天井裏で物音がして、ねずみが走り回っている」ということで工事依頼を受け、本日、ねずみ駆除工事をすることとなりました。

和室の天袋や台所の床下収納など、基本的な箇所に仕掛けを設置し、外部からの侵入原因となっていた、通風孔の遮断を行いました。

ねずみ被害に関しては、今のところ天井裏の物音だけで、最小限の被害となっております。この初期の段階でねずみ駆除を阻止できるのが一番の理想となります。まだ家屋に侵入してから日が浅いと、ねずみも必死に抵抗することなく逃げていくケースも多々あります。居着かれるとやっかいなのが害獣駆除の難しいところです。

少しでも異変を察知したら、お早めに調査のご依頼をください。何事も早期発見が害獣駆除の成功率を高めます。


ブログ記事の仕切りバー

20151220 午前に神奈川県大和市と午後に神奈川県川崎市麻生区にてシロアリ施工後の定期点検

本日午前中に、神奈川県大和市にて、シロアリ施工後の3年目点検でご訪問いたしました。築年数が約10年の
戸建のお家で、早速床下の点検を開始したところ、シロアリの被害やカビの繁殖や腐朽などは無かったです。
点検終了後に報告書をご提出して、今日の定期点検は終了致しました。

午後は神奈川県川崎市麻生区にてシロアリ施工後の5年目点検でご訪問いたしました。施工時には駆除施工されており、
浴室に羽アリが群飛して、浴室上部2階までシロアリの被害が有った物件です。

1年目点検時と3年目点検時には異常は無かったとの報告書がありましたので、シロアリの発生や木材の腐朽などを
確認しました。築年数が25年目の為、点検終了後に報告書をご提出して、更新のシロアリ防除工事の御見積書を
ご提出して、ご検討して頂く事になりました。


ブログ記事の仕切りバー

東京都江戸川区の飲食店でねずみ調査

12月も後半になると、クリスマスや年越しの準備で世間が忙しくなり師走らしくなりますね。
その中でも特に忙しい業界といえば、忘年会等で使われる飲食業界の方々です。

本日は飲食店を営んでいるオーナー様から、店舗の天井裏で物音が聞こえるようになったとの依頼です。
RIMG0105 - blog

さっそく調査開始です。

RIMG0106

お店入り口は問題なく、次は階段の裏側の部分を見ていきます。

外壁との結合部分のわずかなスキマからもネズミは入っていきますので、注意して見ることが大事です。

RIMG0109
次は、弊社のねずみブログ愛読者の方でしたらお馴染みの換気扇外回りのチェックです。

遠目からライトを当てて見たときは、カバーもキレイな印象を受けますが、実際に近くで念入りにチェックを開始すると、どこか違和感を感じました。

こちらをチェックしていると、オーナー様から「真裏にも同じ換気扇がある」と伝えられたので、さっそく見にいくことにしました。
RIMG0110
すると、先程の換気扇と違い、カバーもなく壁内へと通じる大きなスキマを発見しました。

オーナー様に「いつからこのような状態ですか?」と訊いてみたところ、今年の春先頃には確実にこの状態だったとのことです。

ねずみは暖かくなる春先から秋口までは、餌を求めて屋外での行動が活発になります。そのため、その時期はあまりねずみ被害が発生することがありません。しかし、冬になりますと、寒さをしのぐために家屋、建物へと侵入をするようになります。そこでスキマがある家屋、建物が狙われることとなります。

この換気扇の状態から察するに、最初に見た換気扇もコーキングで固着してあるカバーを取り外してみたらスキマがある可能性が大です。カバーを当てていても真ん中のスキマからネズミに入られるといったケースもあります。

RIMG0116
もう一つは、配電管周りとブレーカーカバーのチェックです。こちらも古くなっており下穴にスキマが空いておりますが、外壁から内へと通じるスキマはなくこちらは問題ありませんでした。

一通りのチェックが終わり、その場でお見積り書を作成し建物のオーナー様へとお渡しをしました。
これにて、調査は終了です。

今後、依頼が来ましたら、プロの技術力でしっかりとネズミを止めようと思います。


ブログ記事の仕切りバー

20151219 千葉県東金市にてねずみ調査

本日は千葉県東金市にてねずみ調査を行いました。
増改築を繰り返している家で、床下や天井裏がうまく見えない造りとなっていました。
知り合いの大工さんに点検口を作成してもらってから施工をすることになりました。