12月 | 2016 | サンキョークリーンサービス
ブログ記事の仕切りバー

東京都板橋区弥生町でアパート1棟のネズミ駆除(大工さんによる戸袋改修)

サンキョークリーンサービスの山崎です。
前記事:「東京都板橋区弥生町でアパート1棟のネズミ駆除をしました」にて、ねずみ駆除工事の様子を掲載しました。

 

RIMG0010

今回は、大工さんによる戸袋改修工事を行った様子をご紹介いたします。

 

RIMG0003

まずは、改修する戸袋の場所と手順の打ち合わせをいたします。

 

RIMG0009

さっそく、大工さんが工事に取り掛かります。

 

RIMG0027

妻面(戸袋の表面)の板を取り外したところです。

 

RIMG0029

近くによって、戸袋上部を覗いてみます。

スキマが空いているのがわかります。

こういう構造は珍しいものではなく、少しでも建物全体の風通しを良くしておくために

取り入れられた造りの一つとなっております。

 

RIMG0030

板を重ね張りしてスキマ遮断をいたします。

 

RIMG0054

今度は、反対側の戸袋も改修していきます。

 

RIMG0022

戸袋内部を遮断したのはいいのですが、

このままでは見た目などがよろしくありません。

RIMG0005

そこで、新しいのを取り付ける工事を行います。

 

RIMG0004

こちらが新しいのを取り付け後です。

 

RIMG0024

見た目が新しくなりました。

建物全体が若返って見えてきます。

 

RIMG0023

しかし、ここまでは1階部分の戸袋改修です。

2階部分は古いままの状態となってしまいます。

 

RIMG0001

そこで後日、足場組立を行いました。

 

RIMG0003

高所での作業は、資材の受け渡し作業が必要となります。

その為、なによりも人手が必要となる作業となります。

こうして、2階戸袋改修も無事に終えることができました。

 

築年数が古い建物は、木材を多く使用しようしています。

その為、何よりも湿気を嫌います。少しでも建物全体の風通しを良くします。

そうやって、木材の腐食や腐れを防ぎ、建物を長持ちさせようとします。

いまは、気密性の高い建築が主流となり、それに適した材質などで建築されてきます。

その時代によって、主流となる建築方法が変わっていきます。

それによって、ねずみの侵入ルートも変わってくることがあります。

ねずみ・害虫駆除は我々業者にとっても、勉強の日々です。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

東京都板橋区弥生町でアパート1棟のねずみ駆除をしました

●関連記事を追加しました(2016/12/31)
東京都板橋区弥生町でアパート1棟のネズミ駆除(大工さんによる戸袋改修)

 

サンキョークリーンサービスの山崎です。
いよいよ年の瀬も最後の12月31日となりました。

今月、私は東京都板橋区にてアパートのねずみ駆除工事を担当していました。

 

RIMG0046

こちらのアパートは2階建ての計4部屋となっています。

室内にネズミが出ててきたという入居者様からの情報により、

オーナーさんが弊社へねずみ駆除のご依頼をしてきて頂けました。

 

RIMG0003

さっそく、事前調査時に確認しておいた、ねずみ侵入ルートの遮断を始めます。

今回は、ねずみが入れるスキマは主に突き出し部分と戸袋の2つです。

 

RIMG0004

突き出し遮断は社長も手伝ってくれてます。

 

RIMG0007

かなり辛そうな体勢になってます、

大丈夫でしょうか?

 

RIMG0009

意外と余裕な表情でした。

スキマ遮断は配管周りをしっかりと加工しています。

 

RIMG0022

今度は、別の場所の突き出し部分を同じように遮断をします。

 

RIMG0024

ここもキッチリとスキマを遮断いたしました。

 

RIMG0038

次は、建物左側です。

隣との境界部にあたる部分で、ブロック塀が設置されています。

その為、人が進入不可の狭さとなっております。

 

RIMG0043

ちなみに、この部分を下から見てます。

縁の下へとねずみが侵入できるスキマが空いてるのが分かります。

これは、何としても塞がないといけません。

 

RIMG0041

そこで、反対側からアシストで向かいます。

 

RIMG0047

狭いところですが、防鼠資材を受け渡して遮断をしています。

アシスト役は鈴木(靖)がしてますが、アシストのほうが大変そうです。

これで、ようやく午前中の外遮断作業は終了しました。

 

RIMG0051

午後からは、室内からの天井裏での仕掛けの設置です。

 

RIMG0052

天板にねずみのフンが落ちてます。

 

RIMG0060

各室内の天井裏に仕掛けを設置して本日は終了となりました。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

2016年 社内大掃除と男子納会

サンキョークリーンサービスの大滝です。
毎年、新年度に向けてお客様にきめ細かで万全なサービスが提供できますように、機材・車・事務所ピカピカにする大掃除しました。

一年お世話になった備品や設置棚、建物全体を大掃除する大事な業務です。

 

RIMG0010
会社の顔となる建物の看板を掃除します。

 

RIMG0015
端の雨どいの所まで掃除をしています。

これで、しっかりと一年間の汚れを落としました。

 

RIMG0006
もう一方、外で掃除する部隊として、ブラインド掃除部隊がいました。

こちらは、社内の全部のブラインドを水洗いしていきます。

冬の屋外での水掃除は寒くて大変そうです。

 

RIMG0007
しっかりと空拭きも入念に行ってます。

これも一年に一回の作業光景です。

 

IMG_1046

掃除がひと段落したところで、皆でしばし休憩を取ります。

 

RIMG0008
次に建物の中では、脚立を立てて取付棚の上からホコリや汚れを落としていってます。
道具が多いので、意外と手間暇がかかる作業です。

 

大掃除をしているとあっという間に午前中が過ぎてしまいました。

 

社内の大掃除が終わったあとの楽しみといえば社内での納会です。

今年は冬の大定番メニューのすき焼き鍋です。

IMG_1047

すき焼きの具です。とても美味しそうです。

 

RIMG0021
お野菜とお肉と卵で準備万端です。

今すぐにでも食べたいくらいです。

 

RIMG0020
社長はお先に一杯ビールを飲んでいました。

すき焼き鍋が出来上がるのが待ちきれない様子です。

 

RIMG0026
肝心のすき焼きはグツグツを煮込まれています。

冬を感じる光景ですね。

 

 

RIMG0028

そんな中、佐藤さんの奥さんが手料理を差し入れにきてくれました。

 
RIMG0029

なんと5品も!たくさんあります。

どれも美味しそうなものばかりです。

 

RIMG0031
佐藤さんの差し入れと何杯お替りしてもいくらでも食べられるすき焼き鍋で

全員大満足です。

 

RIMG0056

さらに、今年の忘年会で大変お世話になった前山さんがお見えになり

なんと、かき揚げの天ぷらを頂きました。

 

RIMG0058

社長と佐藤さんの奥さんがさっそく頂いております。

 

RIMG0057
最後はこれまた恒例の万歳三唱をしてお開きとなりました。

来年に向けての準備も終わりつかの間の息抜きができました。

ぜひ、また来年も楽しみにしたいと思います!

 

本年も沢山のお客様と取引業者様より

素晴らしいお力添えをいただいたこと感謝いたします。

来年も本年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

年内も休まず害虫駆除・害獣防除の依頼を受付ております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

シロアリ・羽アリ・ねずみ・害虫のご相談は・・・

シロアリ駆除・ねずみ駆除の専門業者の

(株)サンキョークリーンサービス


ブログ記事の仕切りバー

20161229 千葉県八千代市村上でのシロアリ駆除工事と、千葉県白井市西白井でシロアリ調査

早いものでもう年末なのですね、シロアリには時節など関係なく活動してます。1件目は千葉県八千代市村上の2階建て住宅のシロアリ駆除工事で、勝手口の枠材に著しい食害がありました。キッチン床下にも蟻道(シロアリの通り道)が2本ありました。蟻道を破壊して、床下に薬剤散布を行い、シロアリの被害箇所にも念入りに薬剤注入を行いました。
2件目は千葉県白井市西白井の2階建て住宅でシロアリ調査です。6年前に中古物件を購入した時に付いていたシロアリの保証が切れているので、心配になって弊社に調査をして、工事もして欲しいとのご依頼です。床下の調査でシロアリの被害はありませんでしたが、通気口付近に土埃と枯葉が多く入り込んでいたので、床下の清掃もシロアリ予防と合わせてお勧めしました。


ブログ記事の仕切りバー

20161228 埼玉県幸手市松石の2階建て住宅で、ねずみの調査です

今年も早いもので年末になりました。年の瀬でねずみも忙しいのでしょうか、ねずみの調査依頼が急増しています。埼玉県幸手市松石の2階建て住宅で、ねずみの調査です。年末に早めの帰省をした娘さんが天井裏でねずみが走る音に気づいて業者を探していて、弊社をインターネットで見つけたそうです。調査で天井裏を見てみると、新しいフンばかりがあり、ねずみの侵入が最近であることがわかります。しかし、越冬のために断熱材に営巣している箇所が見つかり、断熱材の撤去と衛生消毒もお見積としてご提案しました。即ご契約をいただき、その場で初回の工事をしてきました。


ブログ記事の仕切りバー

20161225 茨城県水戸市千波町でのシロアリ調査と、茨城県東茨城郡茨城町小鶴でのシロアリ駆除工事

まずは茨城県水戸市千波町の3階建て住宅のシロアリ調査です。3階建てには珍しく、調査員が床下に普通に進入できます。床下に被害は見当たらず、予防のお見積もりをお出ししてご成約頂きました。
次に茨城県東茨城郡茨城町小鶴の2階建て住宅のシロアリ駆除工事です。床の沈み込みが気になると言うことで、調査依頼を頂いて玄関框の土留め板にシロアリを発見したご住宅です。玄関のタイルの目地からも駆除薬剤を注入し、床下からも、土留め板に念入りに薬剤処理をしました。床板の沈み込みは、床下から補強をして沈み込みを軽減しました。


ブログ記事の仕切りバー

20161224 東京都東大和市上北台と、東京都小平市鈴木町でのねずみ駆除工事

今日は1件目に東京都東大和市上北台の2階建て住宅でのねずみ駆除工事2回目です。初回に室内と屋外の侵入箇所を遮断してしまいましたので、ねずみは出口を探して右往左往したようです。(天井裏で走る音が前よりひどくなって、4日前から急に静かになったそうです)天井裏と床下の殺鼠剤・粘着シートを点検すると、1階和室天井裏で成獣1匹が捕獲されており、床下では成獣2匹と幼獣3匹が捕獲されていました。群れ一つを一網打尽にできたようです。粘着シートと殺鼠剤を交換して年明けまで効果判定を行います。
次の2件目は東京都小平市鈴木町の3階建て住宅のねずみ駆除工事3回目です。先月の2回目工事から効果判定を続けましたが、天井裏の殺鼠剤と粘着シートに変化はありません。天井裏を走る音も、壁の中での気配も無く、生息なしと判断できますので、天井裏の衛生消毒を行って駆除工事完了です。


ブログ記事の仕切りバー

20161221 埼玉県さいたま市北区土呂町でのシロアリ予防工事と、三郷市彦江で3年目床下無料点検

今日の午前は、埼玉県さいたま市北区土呂町の2階建て住宅のシロアリ予防工事です。築7年目になる若夫婦のお父さんからのご依頼です。床下に被害は無く、床下にゴミ等もありません。配管も邪魔にならない位置にあるので、非常にやり易く、お昼前に全ての作業が終了しました。
午後は埼玉県三郷市彦江の2階建て住宅のシロアリ防除工事後の3年目床下無料点検です。和室の床下にかなり酷い被害があったご住宅でしたが、被害の拡大は無く、配管からの水漏れもありません。


ブログ記事の仕切りバー

20161220 神奈川県茅ヶ崎市浜竹でのねずみ駆除メンテナンスサポートと、綾瀬市上土棚中でのねずみ駆除工事

1件目は、神奈川県茅ヶ崎市浜竹の2階建て住居兼店舗のねずみ駆除メンテナンスサポート3回目です。年間契約のメンテナンスでの工事です。店内・住居への出没はないそうです。店内の捜索をしても、糞1つ見つかりません。その代わり、天井裏の殺鼠剤に喫食があり、住居側の床下では粘着シートに成獣・幼獣合わせて4匹が捕獲されていました。殺鼠剤の補充と増設をして、粘着シートの交換をしました。
2件目は神奈川県綾瀬市上土棚中の2階建て住宅での、ねずみ駆除工事5回目です。今日で最後の工事予定です。前回の施工から3週間経ちますが、気配も音も無く、天井裏に新しいフンもありません。遮断箇所の点検を含めて、外周の点検をしましたが、新しい侵入箇所も作られていないので、ねずみの侵入は無いと判断し、駆除工事完了です。


ブログ記事の仕切りバー

東京都港区でねずみメンテナンスサポートを実施(暗視カメラ動画有り)

サンキョークリーンサービスの大滝です。
2016年も、あと11日となりました。
師走のいそがしく時間に追われる日々を送っておられます方は多いかと思います。

今回は、昨年に東京都港区でねずみ駆除を行った戸建て物件で、
先月頃から1F天井裏で物音がするということで、事前に天井裏に暗視カメラを設置しており、その回収をいたしました。

さっそく、カメラ本体の記録を再生してみると、はっきりとネズミ(クマネズミ)が映っているのが確認できました。

2016ネズミ暗視カメラ

クマネズミ天井裏動画(GIF形式 15秒)

これは、1F和室の天袋から小屋組みの中を作業員が登り、小屋梁越しに暗視カメラと殺鼠剤を設置した映像となります。小屋梁の向こう側は手が入るスペースしかなく目視が難しい造りとなっております。

「寝室と廊下の辺りの天井裏でネズミが走る音がする」というお客様のヒアリング通りの場所を行き来きしています。

天井板を十字に仕切る部材(天井野縁)の間のみを通っており、非常に警戒心と知能がある個体となっております。
少し手前に設置してある殺鼠剤に反応を示した様子も見られましたが、餌食の跡はありませんでした。

この物件は当初、人が入れない進入不可部位がある為にねずみの侵入を防ぐには難しい立地となっている為に、完全駆除が困難なケースとして説明をしており、お客様よりご納得を頂いてからの施工となりました。

そして、施工が始まると床下にてクマネズミの成獣を1匹捕獲しました。それ以降は物音がピタッと止んだということで、とてもお客様も満足されており、無事にクマネズミ駆除が終わったケースとなっておりました。

しかし、ネズミが天井裏に侵入してきたことにより再発となりました。
今回、メンテナンスサポートという施工にてお客様よりご依頼を頂くこととなり、引き続きネズミ駆除を行ってまいります。